ニュース

国内女子樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「強くなると信じている」勝みなみは10試合ぶりの60台

2018/10/26 18:15


◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 初日(26日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6585yd(パー72)

勝みなみが6バーディ、3ボギーの「69」でプレー。3アンダー4位タイでスタートを切った。「ショートで3つボギーがあったんですけど、それ以外は完ぺきなゴルフ」と内容を評価した。「ドライバーがまっすぐ行って距離も出ていたので、セカンドを8Iとか9Iで打てた」とパーオン率を高く保てたことがスコアにつながったと分析する。

アウトスタートの1番(パー5)で2打目をグリーン手前のバンカーに入れるも、20ydを奥1.5mにつけてバーディを先行させた。8番(パー3)ではティショットがバンカーに入り目玉になる不運もあり「ダボを覚悟した」というが、ボギーで切り抜けた。後半13番で残り91ydを54度で10cmにつけると、14番では9Iで3mにつけ連続バーディ。さらに17番で3m、18番(パー5)で4mのバーディパットを沈め、2日目につなげた。

今季は3月「アクサレディス」で3位、5月「リゾートトラスト レディス」と6月「ヨネックスレディス」で2位に入るなど、前半戦での活躍が目立った。それでも直近10試合中、7試合で予選落ちを喫するなど、夏場以降は本調子から程遠く、9月「マンシングウェアレディース東海クラシック」2日目には腰痛で初めての棄権を選択し悔し涙を流した。

8月「NEC軽井沢72」以来10試合ぶりの60台でのラウンドとなったが、「今でも苦しいです。まだ初日も終わったばかりですし、明日どうなるかわからない。ずっとそういうのが続いているから」と不安を口にする。

それでも「こういう時期はいつか来る。絶対に通らないといけない道。1年目からいろんな経験をして強くなると信じている」と、現状を客観的に見つめる。復調のきっかけをつかむべく、20歳の試行錯誤が続く。(埼玉県飯能市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。