ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

「ビリにはならないように…」稲森佑貴は『82』の大たたき

2018/10/26 20:38


◇世界選手権シリーズ◇WGC HSBCチャンピオンズ 2日目(26日)◇シェシャンインターナショナルGC (中国)◇7261yd(パー72)

これも将来への一歩になる。世界選手権シリーズ(WGC)初出場の稲森佑貴は第2ラウンドで「82」と崩れ、49位タイから通算12オーバーの76位に後退した。強風に翻弄され、1バーディ、3ボギー1ダブルボギー2トリプルボギー。「すべてがかみ合わなかった」と肩を落とした。

インスタートの最後の組。稲森は夕焼けに照らされながら最終9番でホールアウトした。「ナイスショットをしてもフェアウェイを突き抜けたり、ピン筋にボールが飛んでも(グリーンで)止まらなかったり、ショートしたり…。縦距離も風(の見極め)もイマイチだった。そうしたら、いよいよパターも入らなくなった。てんやわんやの一日でした」

前半11番でダブルボギーが先行し、17番(パー3)では第1打を右手前のハザードエリアに入れた。打ち直してから3パットを喫してトリプルボギー。グリーンがせり上がった後半7番ではショートゲームにミスが出て、2つ目の“トリ”を記録した。「(ゴルフが)キライになりそうでした」と吐き出した。

2週前の「日本オープン」で待望のツアー初優勝。賞金ランキングを2位に上げ、世界のトップランカーが集うフィールドの出場切符が初めて舞い込んだ。鹿児島城西高2年時にプロ転向し、2012年に日本ツアーに飛び込んで以降、これまでの自己ワーストスコアは2017年「RIZAP KBCオーガスタ」第3ラウンドに記録した「79」だった。

周囲からは同伴競技者の明らかなスロープレーへの声も上がったが、稲森は直接的な言い訳にしなかった。大たたきにも「でも、いいかなって」と、うなずいた。「いい経験になっていくと思います。頭も真っ白にはならなかったんです、意外と。こんなショットの調子だから当然だなと。朝から調子も良くなかった」。コースや強風の吹いた環境、競争相手のレベルの高さよりも、自分のコンディションを悔いた。

「日本じゃなくて良かったかなと思います。ビリにはならないように気をつけたい」。24歳はもっと多くのことを吸収できる。(中国・上海/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。