ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

稲森佑貴はWGC初出場 「飛ばないなり」の戦い方

2018/10/23 18:49


◇世界選手権シリーズ◇WGC HSBCチャンピオンズ 事前情報(23日)◇シェシャンインターナショナルGC (中国)◇7261yd(パー72)

2週前の「日本オープン」でツアー初勝利を飾った稲森佑貴は、賞金ランキングを2位に上げて初の世界選手権シリーズの出場切符を手に入れた。22日(月)に中国・上海に入り、23日(火)は18ホールで練習ラウンドを行った。

ギャラリーがまだ入ることができない開幕2日前。看板などの設置作業が続き、まだ“未完成”とはいえ、会場を見渡すだけでその違いを実感した。「テレビで観てきて、PGAツアーは華やかで、かなり賑わっていると思っていた。現場に来たらやっぱりすごい。規模がデカイ!まだ始まっていないですけど、海外で戦うのはいいな…と」。この日はインの9ホールを小平智と一緒にプレー。米ツアーの近況を多少なりともうかがい知ることもできた。

稲森のこれまでの海外経験は、日本ツアーが絡む国外開催のトーナメント出場がメイン。今回はブルックス・ケプカをはじめとした世界ランクトップ3が集まったWGCだ。7261yd(パー72)のコースについて、24歳は「距離も長いところ、短いところとメリハリがある。グリーンも形状が入り組んでいて、あまり適当に狙うとパッティングに苦しむ。ラフもいやらしい」と難度の高さを実感しているところ。

ただ、そうであれば、持ち味を活かす以外の手段もない。「ここでもティショットを曲げないように、セカンドをフェアウェイから打って、パーを拾いながら4日間やりたい」と、日本ツアー屈指の正確な1Wショットにかける。

「周りは外国人選手ばかり。飛ばしのスペックはみんな群を抜いている。僕は飛ぶ方ではないので、飛ばないなりに、セカンドショットをマネジメントしたい。日本オープンと似ているところはある。距離が出なくてもチャンスにつなげられると思う。極力ラフに入れないように。フェアウェイキープを大事にやりたい」

予選落ちがなく、全選手が4日間をプレーする大会。実力試しには絶好の機会になる。(中国・上海/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。