ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

繰り上がり 池田勇太6年ぶりに「WGC HSBCチャンピオンズ」出場へ

◇国内男子◇ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 事前(17日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉)◇7119yd(パー71)

賞金ランキング3位の池田勇太が、25日に開幕する世界選手権シリーズ「WGC HSBCチャンピオンズ」(シェシャンインターナショナルGC)に6年ぶりに出場することを決めた。前週「日本オープン」終了後の同ランク上位2人に出場権が付与され、同1位の今平周吾の辞退により繰り上がった。日本ツアーからはランク2位の稲森佑貴も参戦する。

前週大会終了前の時点で池田は自力で出場権を得られるランク2位にいたが、稲森の「日本オープン」優勝により“圏外”に滑り落ちた。「もともと出られたらと思っていたけど、逆転されて」。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の担当者に今平の辞退を聞くと、すぐに出場の意思を示したという。

前回出場した2012年大会は中国のミッションヒルズGCで開催され「当時とはコースも変わっているよね。かなり久しぶりだな」。前年までも賞金ランクの資格で同大会の出場権を得ることはあったが、日程的な都合や賞金王争いなどと重なり辞退してきた。「チャンスがあっても賞金レースだったり、秋口の大きな大会とかぶったりし、遠慮させてもらうことが多かった。でも今年はずっと出られていなかったし、行ってみようと思った」と述べた。

連覇を目指した「日本オープン」は113位で予選落ちに終わった。開幕前日に11ホールの練習ラウンドを終え「もう先週のことは全然気にしていない。ゴルフ自体も悪いと思わない。良い調整が出来ていると思う」とまずは、地元コースでの今大会に気持ちを高めた。(千葉市緑区/林洋平)

関連リンク

2018年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~