ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

ミケルソンが“あの13番”でバンザイ ファンからは大声援

◇メジャー第2戦◇全米オープン 最終日(17日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70)

前日自ら放ったパットのボールがグリーン下に落ちるのを避けるため、まだ動いている状態で故意に打ち返し、物議をかもしたフィル・ミケルソンが最終ラウンドをプレー。この日は同じホールでパーパットを決めると両手を上げて喜び、ギャラリーの歓声をさらった。

リッキー・ファウラーとの2サムラウンドは、午前8時43分にスタート。1番のティグラウンドに向かう通路に入ると、ギャラリーからの声援にハイタッチを交わした。

前日に2罰打を科され「10」とした後半13番を前に、野次が飛んだ。この日はグリーン右手前からのバンカーショットを1.5mに寄せ、スライスラインを決めてパー。両手を上げ2度天に向けガッツポーズ。ボールを拾い上げてパターを持つ右手を再び突き上げ、最後にもう一度、両手でガッツポーズをした。

このリアクションに観客は指笛を鳴らすなど大盛り上がり。間近でこのシーンを見たファウラーは「まるでマスターズに勝ったときのようだった。彼がファンを楽しませていたことは事実だった」と振り返った。

ミケルソンはこの日コメントを残さなかったが、前日に「ルールを戦略的に使っただけ」と話しており、メディアからの批判が集中している。(ニューヨーク州サウサンプトン/林洋平)

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~