ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

「下に落ちるよりマシ」ミケルソンが前代未聞の故意で2罰打

◇メジャー第2戦◇全米オープン 3日目(16日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70)

メジャー5勝のフィル・ミケルソンがパッティングを放った後、ボールがグリーンから転がり落ちるのを避けるため、まだ動いている球を打ったとして2罰打を受けた。ミケルソンは「あの行為で罰打を受けると知っていた」と語り、故意だったことを認めた。

ゴルフ規則は「球が動いている間はストロークしてはならない」と定めている。

後半13番で、約4mのボギーパットはカップ右をすり抜け、下り傾斜に差し掛かかろうとしていた。ミケルソンは小走りでボールを追いかけ、止まっていないボールを打ち返した。結局8打を要し、同ホールを「10」とした。

前代未聞の行為にホールアウト後は報道陣が殺到。今大会で4大メジャー全制覇がかかり、この日48歳の誕生日を迎えたミケルソンは「転がって落ちてバンカーに入ってしまうなら、2罰打を喜んで受け入れる」と話した。大会に失礼ではないのか、と問われると「無礼な行為と受け取られたなら申し訳ない。ただ2罰打を受けたし、それ以上は何も言えない」と語った。

USGAのサイトへ。64TのPhil Mickelsonを選択して13番ホールを押下すると動画を見られます

<ゴルフ規則>
14-5 動いている球をプレーした場合
プレーヤーは、自分の球が動いている間はその球をストロークしてはならない。

規則14-5の違反の罰
ストロークプレーでは2打

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~