ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

ケプカが29年ぶり「全米OP」連覇 松山英樹は16位

◇メジャー第2戦◇全米オープン 最終日(17日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70)

29年ぶりの快挙が実現した。首位タイからスタートした前年覇者のブルックス・ケプカが5バーディ、3ボギーの「68」とし、後続を1打差で振り切る通算1オーバーで優勝。終盤までもつれた僅差の争いを制し、1989年のカーティス・ストレンジ以来となる7人目の大会連覇を達成した。

通算2オーバーの2位に、昨季の欧州ツアー年間王者のトミー・フリートウッド(イングランド)。8バーディ、1ボギー、大会最少ストロークに並ぶ「63」とチャージをかけ、23位からのジャンプアップを遂げた。

通算3オーバーの3位に、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン。通算4オーバーの4位に、4月「マスターズ」に続くメジャー連勝がかかっていたパトリック・リードが続いた。

54位からスタートした松山英樹は、前半3番からの4連続を含む6バーディ、2ボギーの「66」。今週初めてのアンダーパーで締めくくり、通算10オーバーの16位で大会を終えた。

キャリアグランドスラムがかかっていたフィル・ミケルソンは通算16オーバーの48位に終わった。

<上位と主な成績>
優勝/+1/ブルックス・ケプカ
2/+2/トミー・フリートウッド
3/+3/ダスティン・ジョンソン
4/+4/パトリック・リード
5/+5/トニー・フィナウ

16T/+10/松山英樹 ほか
48T/+16/フィル・ミケルソン ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。