ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/03〜05/06 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

松山英樹 3ダボで今季最悪スコアも「手応えある」

2018/05/04 10:14


◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 初日(3日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7554yd(パー71)

4週ぶりのツアー復帰戦は厳しい滑り出しになった。強い風が舞った午後のプレーでショットの距離感に苦しみ、3バーディ、3ボギー3ダブルボギーの「77」の乱調。松山英樹は6オーバー135位タイの出遅れに「難しいけれど、普通にやればこんなに打つコースではない」と肩を落とした。

昨年の「全米プロ選手権」以来の試合会場となったクエイルホロー。松山の心は、序盤の思わぬプレーでかき乱された。インスタートの前半11番、左ラフから7Iでの第2打はキャリーでグリーンをオーバーし、バウンドしてさらに奥のOBゾーンへ。8Iでの打ち直しもグリーン奥にこぼして、5オン1パットのダブルボギー。「原因が分からない。風もアゲンストで…謎が多いOBになった」と、そこから首をかしげるシーンが続いた。

15番(パー5)では、右サイドのフェアウェイバンカーからの2打目をダフらせて池に。4打目で乗せた後、3パットを喫した。さらに17番(パー3)ではティショットがグリーンから左の池にこぼれ、前半で3つ目のダブルボギー。「42」を喫して、折り返した。

「(ボギーとした)16番もセカンドが(グリーン横の)バンカーにあると思っていたのが、奥にあった。1番もバーディを獲れましたけど、(2打目が)ピン横まで行っている感覚じゃない。そういうのが続いた」。最終9番では1Wで344ydドライブを見せた後、残り155ydの2打目がピンそば80cmにキャリーして、奥に5yd転がった。「『5ydくらい手前に落ちてピッタリだ』という感触だったのが…ピッタリ5ydオーバーした」と腑に落ちない。

「マスターズ」以来の出場試合となった今週は、新しく投入した1Wテーラーメイド M3 440 ドライバー)を含め、多くのクラブをマイナーチェンジした。松山はこの日の時点で、道具の変化とスコアとの関連性を断定しなかったが、基本的にはボールが飛びすぎる傾向にあった。「キャリーの位置がこれだけばらけてしまうと対応しきれない」。巻き返しへはまずこの距離感の修正が欠かせない。

ただし、今季ワーストのスコアに表情は暗くなかった。「予選通過にはビッグスコアが必要な状況ですけど、手応えは良い感じで来ている。それをどう結果につなげるか」と、うなずいた。日本への一時帰国を経てスイングも改良中。「今までの気持ち悪い感触を“だましながらやっている”感じはない。スコア的には打って(大たたきをして)“カーッ”としていますけど、集中して打てている」。

結果が良くても内容が不満なら、不機嫌極まりない松山だ。その逆もまた然り。「良いショットは打てている。ちょっとした“きっかけ”があればなと思います」。まずは決勝ラウンド進出に全力を尽くす。(ノースカロライナ州シャーロット/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。