ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/03〜05/06 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

松山英樹がクラブを大幅刷新 ドライバーは『M3』

◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 初日(3日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7554yd(パー71)

松山英樹は「ウェルズファーゴ選手権」初日、キャディバッグのクラブを大幅に入れ替えた。2016年10月から使ってきた1Wのキャロウェイ グレート ビッグバーサ ドライバーを、テーラーメイド M3 440 ドライバーにスイッチ。第1ラウンドを終えて「感触は悪くない。最後の方は良かった」と振り返った。

松山はかねて、各メーカーの1Wのテストを続けてきた。今週に入り、開催コースではキャロウェイ ローグ サブゼロ ドライバーのプロトタイプなども試打を重ね、最終的にM3を選んだ。ロリー・マキロイ(北アイルランド)やタイガー・ウッズが使用しているM3 460 ドライバーより、ヘッドが一回り小さいタイプとなる。

パターもモデルチェンジ。一見するとエースとして使用してきたスコッティキャメロンのピン型と同じだが、バックフェースの刻印などが違う特注品を握った。

また、アイアン(ダンロップ スリクソン Z965 アイアン)と3本のウェッジ(クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウェッジ)のヘッドを新調し、シャフトもそれぞれマイナーチェンジを施した。(ノースカロライナ州シャーロット/桂川洋一)

テーラーメイド
ツイストフェース+ヘッドを小ぶりにして操作性を追求
発売日:2018/02/16 参考価格: 77,760円

関連リンク

2018年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~