ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/03〜05/06 場所:クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

全米プロ以来のクエイルホロー 松山英樹「去年のことは覚えてない」

2018/05/03 07:20


◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 事前情報(2日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7554yd(パー71)

3日(木)に開幕する「ウェルズファーゴ選手権」の会場のクエイルホロークラブでは昨年、「全米プロ選手権」が開催された。松山英樹は優勝争いの末、同組で回ったジャスティン・トーマスに敗れて5位。周囲の“リベンジ”への期待は大きい。

<< 下に続く >>

約9カ月ぶりに再訪した当地について松山には「思うところは何もない。何も。全然、去年のことなんか覚えてないです」と、涙の惜敗を振り返る様子はない。気になるのはメジャーが行われた8月時点とのコースコンディションの違い。「レイアウトは一緒ですけど、イメージがだいぶ全米プロの時とは違う。芝の付き方が別物」だという。

大会前日の2日(水)には午前からのプロアマ戦に出場し、複数のクラブをテストしながら、グリーン上と周辺のラフを入念にチェックした。当コースは「全米プロ」の前に数ホールが改造され、4番(パー3)ではメジャーの時には設けられた巨大スタンドが、今大会ではなくなった。「あそこはスタンドがあった方がやりやすかった」と視覚的な問題を警戒したが、全体的な攻略ポイントとなるのは、あくまで「一昨年までの(当地での)イメージを出してやること」だ。

終盤16番、17番(パー3)、18番の難関3ホール“グリーンマイル”は健在。「全米プロ」では全選手の平均スコアが対パーで「+1.06」となり、昨年のツアー開催会場で最も難しい上がり3ホールになった。トーマスのほか、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、タイガー・ウッズフィル・ミケルソンらがそろったフィールド。今度は笑顔でホールアウトしたい。(ノースカロライナ州シャーロット/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!