ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

完全復活のワトソン 「ゾンビのように」3度目のマスターズ制覇へ

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 最終日(25日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

優勝カップを手にするまでに5日間で7試合、計109ホールを戦い抜いたバッバ・ワトソン。決勝戦で大敗したケビン・キズナーは「(最後は)どうなったのか分からない。たぶん疲れたのだと思う」とエネルギーの消耗を敗因に挙げたが、ワトソンは最後まで乱れなかった。

ラウンド中の食事やドリンク補給だけでなく、「どこかでエネルギーをセーブしないといけない」と、ラウンド後の練習も控えてきた。最終マッチの7&6(6ホールを残して7アップで勝利)は、2016年のジェイソン・デイルイ・ウーストハイゼンの5&4を抜いて、決勝戦での大会史上最多差勝利となった。

メジャー大会と世界ゴルフ選手権(WGC)でともに複数回優勝を成し遂げたのは、アーニー・エルス(南アフリカ)、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、フィル・ミケルソンタイガー・ウッズに次ぐ5人目。今季2勝目を挙げたワトソンは、自身3度目のグリーンジャケット獲得に向け、絶好の状態でオーガスタへと乗り込む。

2月「ジェネシスオープン」で2年ぶりの復活優勝。そして、2度目のWGC制覇。「ゾンビのようだと言われようとも、自分は頭を下げて、自分のやることに集中する。今週やったように、自分が打つすべてのショットにコミットする」と、「マスターズ」への意欲を語った。

そしてもう1つ。ワトソンは「ジム・フューリックが見ていてくれることを祈る」と繰り返し、今年9月末にフランスで行われる「ライダーカップ」の米国チームキャプテンへのアピールを怠らなかった。2016年大会時に、世界ランク7位にいながらキャプテン推薦で選ばれなかった苦い思い出は、まだワトソンの胸に残ったままのようだ。(テキサス州オースティン/今岡涼太)

関連リンク

2018年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~