ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:10/26〜10/29 場所:シェシャンインターナショナルGC(中国)

片岡大育 デイ、ミケルソンと“プライスレス”な同組ラウンド

2017/10/28 19:26


◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 3日目(28日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)◇

3日目のペアリングを知ったとき、片岡大育は思わず目を疑ったという。インスタートの第1組で同組となったのは、メジャー1勝のジェイソン・デイ(オーストラリア)と世界ゴルフ殿堂に名を連ねるフィル・ミケルソンの2人。初めてのWGCで、初めて回るビッグネーム。「ダブルパンチだと思いました」と苦笑した。

<< 下に続く >>

「すごくやりにくかったです。左を見たらデイがいて、右をみたらフィルがいる。不思議な感じでした」と振り返ったが、プレーは冷静そのものだった。

フェアウェイを外したのは1ホールだけ。後半の3連続を含む4バーディ(1ボギー)の「69」は3日間の自己ベストで、「すごく嬉しい」とうなずいた。デイは「72」、ミケルソンは「74」と2人をスコアで凌駕したが、「それは全然(関係ない)。トータルで見ないといけないので」と、照れ笑った。

ラウンド中、デイが飲むドリンクを見て「それ、プロテインですか?」と尋ねて、トレーニングに関する話も聞いた。「試合のないときは週5日、試合中は週3日やっていると言っていた。僕は試合のときは週1回、ないときは週2~3回・・・」。間近でみる2人の体の大きさ、筋肉の分厚さに、筋力アップの必要性を再び実感したという。

最も差を付けられたホールでは、ティショットで80ydも置いていかれた。「やっぱり飛距離の差が大きい。今後、自分もそういうことを目指して生活が変わってくると思うので、良いものを見せてもらった」と片岡はいう。「こういう機会はなかなかないし、経験としてすごく大きい。本当に良い組みあわせに入れてもらった」と、滑り込み出場したWGCで貴重な体験を胸に刻んだ。(中国・上海/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!