ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

ジョーダン・スピース、自己最長28mのロングパットを決める

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 2日目(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

世界ランク2位のジョーダン・スピースが第2ラウンドの前半5番で、自己最長となる28mのバーディパットを決めた。キャディの持ったピン方向に転がったボールは、下って上る傾斜を転がる。スライスラインに差し掛かり、勢いを増したがカップ左フチではねて飛び出しそうになりながらもカップにおさまった。

パターを持った左手を上げて大歓声に応え「昨日からパットのコントロールは良いと感じていたけど、運も良かったね」と笑顔で振り返った。

スピースのロングパット

初日第1ラウンドの後半8番ではティショットを林に入れ、4打連続で木に当てるなどパー4で8打とつまずいた。それでも通算3アンダー48位で決勝ラウンドに進出している。(ハワイ州ホノルル)

関連リンク

2018年 ソニーオープンinハワイ




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~