ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ザ・プレーヤーズ選手権
期間:05/12〜05/15 場所:TPCソーグラス(フロリダ州)

グリーンジャケットは旅のお供に ウィレットがマスターズ優勝以来の出場

4月の「マスターズ」を制したダニー・ウィレット(イングランド)が、12日(木)に開幕する米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」に出場する。メジャー初制覇を遂げて以来、4週間のオフを経て臨む復帰戦となる。

ニック・ファルド以来、20年ぶりに英国へグリーンジャケットを持ち帰った28歳。オープンウィークは心身を休養させたが、メディアの取材等に時間を割かれ「思っていたほどは、静かな4週間ではなかったかな」と周囲の変化に驚いた。

<< 下に続く >>

デービッド・キャメロン英首相から祝福の手紙が届き、母国でスヌーカー(ビリヤードの一形態)やサッカーの試合観戦に訪れるたびにファンから大いに歓待された。一方では連日、サインペンを走らせる日々も。今大会には200枚以上はあるマスターズのピンフラッグの“宿題”を持ち込んだ。

マスターズを終えてから世界が変わったのは、単にメジャー覇者となったからだけではない。ニコール夫人が3月末に第一子となる長男ザッカライア・ジェームスくんを出産。私生活も一変し、まさに激動の春となったものの、「ほかのみんなが言うほど、僕は気にしていないんだよ」という。

首位を走っていたジョーダン・スピースが崩れたサンデーバックナインのオーガスタで、突然頭角を現したようでもあったが、2勝を挙げた昨年の欧州ツアーでは賞金ランキング2位で終えてブレーク。「一生懸命やってきたし、この1年半、2年くらいで残してきた成績で、僕にはきっと特別なことだって出来る力があると証明してきた」。新しいマスターズチャンピオンは、実にクールに自信を蓄えてきた。

米ツアーのメンバー申請を済ませても、今季は既に出場を決めていた欧州ツアーの試合出場が中心となりそう。今大会の翌週からは「アイルランドオープン」、「BMW PGA選手権」に連続エントリー。再び米国に戻って「全米オープン」を戦ったあとは、ドイツ、フランスへ。そして「全英オープン」から「全米プロゴルフ選手権」、「リオデジャネイロ五輪」という強行日程に臨むことになる。

「トロフィだったら自宅に飾ることになるけれど、“これ”ならどこにも持っていける。誰かと会う時にも(見せるために)着ていける。汚さないようにしないと」。グリーンジャケットはこの先1年、長旅のワードローブの中に入れるそうだ。(フロリダ州ジャクソンビル/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!