ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

長男誕生が呼び込んだマスターズ優勝? ダニー・ウィレットはこんな人

80回目の「マスターズ」を制したのは、イングランドの伏兵ダニー・ウィレットだった。英国シェフィールドで生まれた28歳で、2008年にプロ転向した。今回が、初のメジャー制覇。欧州ツアーを主戦場としており、12年の「BMWインターナショナルオープン」で初優勝を飾った。15年には2勝を挙げ、今年も2月の「オメガドバイデザートクラシック」で勝利している。

マスターズは、38位で終えた昨年に続く2度目の出場となった。出場2回目で優勝するのは昨年のジョーダン・スピースに次ぎ5人目。(初出場初優勝は過去3人いる)

そんなウィレットだが、マスターズに出場するかどうか前週まで決めていなかった。

今大会の1カ月前、「WGCキャデラック選手権」に出場したウィレットは「もしオーガスタでプレーできれば嬉しいけど、状況次第」と考えていた。2013年に結婚した妻のニコルさんが2人の第一子となる男の子を身ごもっており、出産予定が「マスターズ」最終日の4月10日だったからだ。「早く生まれてくれば良いけれど、そうじゃなければ(オーガスタでは)プレーしない」とい決めていた。

「(産気づいて)急に戻るには遠すぎるし、マスターズはまだ何回でもあるからね」

だが、大会前週の3月30日、長男ザカリアくんは予定日より早くこの世に生を受け、ウィレットはオーガスタへとやってきた。彼の隣に立つキャディの胸につけられていたゼッケン番号は「89」。出場89選手中、最後に出場登録をしたのが、ウィレットだったからだ。

「幸運にも、僕の願いを聞き入れてくれたみたいで、彼は早く生まれてきた。素晴らしく奇妙な12日間だったよ。今の気分を言葉で表現することはできないけど、先週、自分と妻が作りあげたものを抱きかかえたときの気分もまた、言葉では言い表せないよ」

最終日は妻の誕生日でもあった。ホールアウトしたウィレットが、クラブハウスでジョーダン・スピースのプレーを待つ間、スマートフォンで妻と会話をしている姿が映し出された。英国は深夜12時を回る少し前だったという。なんとロマンチックな「マスターズ」だったことか。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。