ニュース

米国男子RBCカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が200位圏外へ陥落 プロ初優勝後で最悪/男子世界ランキング

米国ツアー「RBCカナディアンオープン」を制したジェイソン・デイ(オーストラリア)は世界ランキングポイント40点を加算し、ランクを9位から4位に上げた。地元カナダ勢として61年ぶりの優勝を逃し、大会を3位で終えたデービッド・ハーンは順位を13位上げ、105位となった。

予選を通過したものの、セカンドカットで最終日に進めなかった石川遼は、193位から203位に順位を落とした。200位圏外となるのはプロ転向後に17歳で日本ツアー初優勝を遂げる直前の2008年10月以来で、6年9カ月ぶり。これまでの最高位は09年11月の29位、昨年末時点では101位だった。

松山英樹は「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で、今季初めて国内ツアーに参戦。最終日に猛チャージを掛け、9位で大会を終えた。世界ランクは15位で変動がない。優勝したプラヤド・マークセン(タイ)は25ランクアップし、109位とした。

日本勢の2番手は岩田寛で95位、小田孔明が111位で続いている。

トップ3のロリー・マキロイ(北アイルランド)、ジョーダン・スピースバッバ・ワトソンに変動はなかった。タイガー・ウッズは266位となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 RBCカナディアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。