ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

「もったいない」 松山英樹はラスト5ホールで暗転

2014/08/08 09:33

ケンタッキー州のバルハラGCで7日(木)、海外メジャー今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」が開幕。7時45分に10番からスタートした松山英樹は、一時は3アンダーまで伸ばしたものの終盤に崩れ、4バーディ、4ボギーのイーブンパー54位タイに留まった。

「3アンダーまで伸ばしていたので、もったいない感じはする」と、悔しさをにじませた松山。前半はリーダーボードのトップ名前を載せ、序盤戦をリードした。12番で8メートルを決めてバーディを先行させると、続く13番は残り105ヤードの2打目を20センチに絡めて2連続。17番ではバンカーを渡り歩いて初ボギーを叩いたが、18番(パー5)、1番と再び連続バーディを奪い、この時点で3アンダーとした。

しかし、「良いショットを打ってもミスになったり、少しずつ噛み合わなくなった」という終盤に入り失速。いずれもグリーンを外した5番と6番、さらに最終9番とボギーを重ね、ラスト5ホールで貯金を一気に使い果たした。後半9ホールのフェアウェイキープは3ホール、パーオンは4ホールに留まるなどショットに苦戦。6番ではフェアウェイからの2打目がダフリ気味に入り、60ヤード近くを残すミスショットが響いてのボギーだった。

12位タイで終えた「WGCブリヂストンインビテーショナル」で得たショットの好感覚は、「ないです」とピシャリ。「今のゴルフの状態からすれば、よく頑張って回れたと思う。前半のようなゴルフができれば上位にいけると思うので調整したい」。初日から得た収穫と反省を、明日のラウンドへの糧とできるか。(ケンタッキー州ルイビル/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。