ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

マイペースな松山英樹、石川遼は精力的に

海外男子メジャー今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」開幕を2日後に控えた5日(火)、2年連続出場となる松山英樹は早朝から1人でアウト9ホールのラウンドを行い、11時ごろにホールアウト。まだ涼しさが残るうちにコースを後にし、その後はホテルで休養に充てた。

前週出場した「WGCブリヂストンインビテーショナル」で4日間プレーした松山は、昨日の夕方にコース入り。16時過ぎから出たイン9ホールのラウンド後は1時間ほどパットの調整をし、19時半ごろホテルへと戻った。昨日の練習終了後、「疲れたと思ったら(練習の)ペースを減らすし、その時の体調次第」と話していたが、体と相談しながらマイペースな調整を進めている。

また、昨日はアウト9ホールのラウンドを含め、9時から約8時間に及ぶ練習をこなした石川遼は、この日も精力的にクラブを振り続けた。3時間ほど練習した後、11時から小田孔明谷原秀人とともに18ホールをラウンド。その後も1時間ほどパッティンググリーン、ドライビングレンジと渡り歩いた。

「初めてバックナインを回ったけど、トリッキーなホールが多くて難しく感じた」と、開幕に向けて着々と情報をインプット。「クラブを不安なく振れている」と、ショットへの好感触も日に日に増している。

当地に入ってからも長い時間をコースで過ごしているが、「調子が良いときに練習すると、1球1球が体に染みこんでいくと思う」と話す石川。開幕前日となる明日も「疲れをためない調整にはなると思うけれど、できる限り(練習を)やりたい」と、言葉に力を込めた。(ケンタッキー州ルイビル/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。