ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 マスターズ
期間:04/10〜04/13 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

オーガスタも味方?首位スピース「最終日も同じ戦略」

今季米メジャー初戦「マスターズ」の3日目。4打差の3位から出た弱冠20歳で「マスターズ」初出場のジョーダン・スピースが、4バーディ2ボギーの「70」で回って通算5アンダーとし、バッバ・ワトソンと並んでリーダーボードの一番上まで駆け上がった。

タイガー・ウッズフィル・ミケルソンもいないオーガスタの週末。前年覇者のアダム・スコット(オーストラリア)と同組でプレーしたスピースは、スコットが「76」とスコアを落とす傍らで着実にスコアを伸ばし、オーガスタのパトロンとコースを味方に付けた。

1つスコアを伸ばして迎えた11~13番の「アーメンコーナー」。風が思わぬいたずらをすることもある難関の12番(パー3)で、ショートアイアンで放った第1打は、打った瞬間に向かい風が止み、肝を冷やした。「グリーンオーバーすると思って膝を折った。そして祈った」。言葉通りのアクションで見送ったボールがグリーンをしっかりと捉え、苦笑い。「キャディに拍手はしないでくれよ、と言ったんだ。ミスショットだと思ったから」。気まぐれな風に救われた。

続く13番(パー5)ではティショットを右の林へ曲げながらも幹と幹の間に通り道を見つけてレイアップし、目の肥えたパトロンたちから喝采を受けるパーセーブ。続く14番でバーディを奪うと、再びティショットを右に曲げた15番(パー5)でも確実なレイアップからバーディをもぎ取った。

ボギーを叩いた4番(パー3)は「あれはパー4」。11番も「同じだね(パー5計算)」。「だから、2つのボギーはパーのように感じられた」。初のオーガスタで「コースに対して尊敬の念を持っている」と話すスピースは、キャディに「行け!」と言われても、ピン位置を冷静に判断し、「ピンを狙いたいんだけど、このコースでそれはダメだ」と攻めの気持ちを抑えながらプレーしている。

「マスターズ」デビューから3ラウンド連続でアンダーパーを記録したのは、過去4人だけ。スピースが新たにその記録に名前を連ねた。「首位タイは理想的なポジションだと思うけど戦略は変えない。最終日も同じゲームプランで臨むつもりだ」。97年のタイガー・ウッズ(21歳)を上回る史上最年少優勝記録(20歳)へ、残りは18ホールとなった。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

関連リンク

2014年 マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

4/14(月)マスターズ最終日の朝にはPUSH配信で詳細速報をお届け!【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~