ニュース

米国男子HP バイロンネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

遼、圧巻イーグルでトップ10!「ほぼ完璧なラウンドだった」

「HPバイロンネルソン選手権」最終日、通算3アンダーの32位タイからスタートした石川遼は、1番で2.5メートルを沈めるバーディ発進。2番、3番はチャンスにつけるも決められず唇を噛んだが、4番でラフから4メートルにつけてバーディとし通算5アンダーへ。ここ4日間で一番強く吹いた風の中、着実に上位への階段を上っていく。

9番のティショットを右にミスして池へと入れてダブルボギーを叩いたものの、石川はひるまなかった。「10番、11番は距離もあまり長くないので、すぐにチャンスホールが来るなと思っていた。切り替えるしかなかったです」。その言葉通り、10番はドライバーでフェアウェイをキープして、3メートルを沈めてガッツポーズ。続く11番も「ちょっと迷ったけど、今のドライバー(の調子)なら行けそうな気がした」と、ドライバーで直接池越えのグリーンを狙って手前のバンカーまで運び、そこから50センチにつけて連続バーディ。きっちりと2ホールで9番のミスを帳消しにした。

その後、ボギーとバーディを1個ずつスコアカードに記して、迎えた16番(パー5)。石川に今週一番の見せ場が訪れた。強烈なアゲンストの中、ティショットは左ラフ。そこからアイアンでフェアウェイにレイアップして、ピンまで残りは128ヤード。8Iで抑え気味に放ったショットは、グリーンで1バウンドすると、そのまま直接カップに消えた。

大ギャラリーを興奮に巻き込むショットに、石川は両手を挙げて応える。最終ホールをボギーとしたものの、この日「67」、通算6アンダーで4日間を終えた石川は、今季自己ベストとなる10位タイフィニッシュ。フェデックスカップポイントは72.5を加算して、同ランキングも143位へと浮上を果たした。

「ミスはあってしょうがないけど、ほぼ完璧なラウンドだったと思う。昨日より1~2打くらい難しいコンディションだったので、目標にしていた5アンダーに近いものは出せたと思う」と充実感を滲ませた。

「予選を通るのは今も難しいと思っているけど、これまでは初日から優勝争いをしている感じでエンジンを掛けていって、予選を通るか通らないかだった。でも、ここ数週間は初日には初日、2日目には2日目とその日その日でプレースタイルが変わっている。それができるようになってきたのがここ一ヶ月」と、手応えを掴み、そして結果へと繋げている。

石川のホールアウト時に優勝争いをしていたベ・サンムン。彼との差はどの程度なのかと聞くと、石川は迷わずにこう答えた。「もうちょっとだと思います」。その言葉が素直に受け入れられる今週の石川のプレーだった。(テキサス州ダラス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 HP バイロンネルソン選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!