ニュース

米国男子HP バイロンネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ベ・サンムンが米ツアー初勝利! 石川遼は今季初のトップ10

◇米国男子◇HP バイロンネルソン選手権 最終日◇TPCフォーシーズンズリゾート(テキサス州)◇7166ヤード(パー70)

首位を1打差で追ってスタートした韓国のベ・サンムンが5バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「69」で回り、通算13アンダーで逆転。2011年の日本ツアー賞金王が、本格参戦2年目にして米ツアー初勝利を手にした。

3日目まで首位を走っていたキーガン・ブラッドリーは「72」と2つ落とし、通算11アンダーの単独2位。通算10アンダーの単独3位にチャール・シュワルツェル(南アフリカ)が続いた。32位タイからスタートした石川遼は16番(パー5)でイーグルを奪うなど「67」と3つ伸ばし、通算6アンダーの10位タイに浮上。今季初のトップ10フィニッシュを決めている。

ベ・サンムン、日本同様PGAツアーも2年で制覇>

2サムとなった最終日。首位のキーガン・ブラッドリーを1打差で追ってスタートしたベ・サンムンは、序盤からバーディラッシュで攻勢を掛ける。3番、そして5番からは3連続。僅か7ホールで立場は逆転し、4打差をつけて首位に立った。

だが、9番でティショットを左に曲げると、2打目はグリーンを越えて奥の池へと打ち込んでしまう。このホールをダブルボギーとすると、次の10番でもボギーとし、強風の吹きあれるコース同様、勝負の行方は混沌とする。15番でブラッドリーが5.5メートルのバーディパットをねじ込み、一方でサンムンは1.5メートルを外してボギー。2人は再びタイに並んだ。

迎えた16番(パー5)。3打目をピンの右1.5メートルにつけたサンムンと、その内側、1.2メートルにつけたブラッドリー。しかし、このパットを決めたのはサンムンの方だった。ブラッドリーは続く17番(パー3)をボギーとし、2打差へと後退する。

最終18番をパーで締めくくったサンムンは、両手を挙げてガッツポーズ。PGAツアー参戦1年半で、嬉しい初優勝を飾った。日本ツアーも参戦2年目で優勝、そして賞金王へと上り詰めたサンムン。「1年目はコースや状況を学び、環境に慣れるための時間。2年目は『よし、オーケー、良いプレーをしよう』。コースも知っているし、快適になってきた。インターナショナルプレーヤーにとって、環境に慣れて良いプレーをするために時間が必要なことを、多分あまり多くの人は認識していないと思う」と説明。韓国、アジアンツアー、ワンアジア、日本と勝利を重ねてきた男が、また新たな場所で足跡を残した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 HP バイロンネルソン選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。