ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/15〜08/18 ヘイゼルティンナショナルGC(ミネソタ州)

「全米プロ選手権」初日、上位陣インタビュー

ジム・フューリック(首位タイ)
「初日を68というスコアでまわれた事は嬉しいけど、まだ始まったばかり。あと3ラウンドもある。とても安定したプレーができたから、4アンダーというスコアが首位だろうが、5位だろうがあまり関係ない。とにかくこの良いプレーを持続させたい」

フレッド・ファンク(首位タイ)
「実は、今日は調子が悪かった。調子の悪さで言えば今シーズン最低という感じ。だけど不思議な事にパットは今シーズンでは最高だった。でもこのパットの良さに4日間とも頼るわけにはいかないからね。なんとか自分のショットを取り戻さなければならない」

ピーター・ロナード(3位タイ)
「残り3ラウンドも、今日と同じくらいショットの調子が良ければ、優勝争いも夢じゃない。そうなるかどうかは神のみぞ知るって感じ」

ジャスティン・ローズ(3位タイ)
「メジャーの初日で69を出せたからといって有頂天になるわけにはいかない。しかし、メジャーに参戦するだけでも長い道のりを乗り越えなければならないから、嬉しいね」

デービス・ラブIII(5位タイ)
「今日はとても自信を持って、リラックスしてプレーできた。でもメジャーには何度も参戦しているけど、最終日に近づくにつれてプレッシャーがのしかかってくる」

リー・ジャンセン(5位タイ)
「メジャーの初日に思いどおりのプレーができるなんて最高だ。今日はとてもリラックスしていたし、何よりも出だしをバーディでスタートできたから勢いがついた」

関連リンク

2002年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~