ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/15〜08/18 ヘイゼルティンナショナルGC(ミネソタ州)

最難関ホール「16番」初日から大暴れ

16番パー4(402ヤード)がヘイゼルティンナショナルGCの名物ホールだ。そして最も美しく、最も過酷なホールだろう。フェアウェイが狭く、その右側には大きな池、また左側にはクリークがある。グリーンへのアプローチも、速いグリーンと、その先に待ち構える池がクラブ選択を悩ませるホールだ。デービス・ラブもここでダブルボギーを叩いたが、それがなければ首位タイグループにいたはずだった。またジョン・デーリーに至っては11打を叩いてしまった。予想通り、多くの選手を悩ませるホールとなった。

ポール・エイジンガー(16番をダブルボギー)
「このコースの中で1つだけ飛びぬけたホールだね。打つ前にいろいろと戦略は練ったけど、打ったときに風が変わって、成す術がなくなった」

スコット・マッキャロン(16番をバーディ)
「今日は右から左に強風が吹いて一番厳しいホールだったと思う」

ポール・マギンリー(16番をボギー)
「今日一番厳しいティショットだった。強風が池に向かって吹いていたので、池を避けるようショットしたらコースで一番ひどいラフにつかまってしまい、刻むことを余儀なくされた。翻弄された」

デービス・ラブIII(16番ティショットを池にいれダブルボギー)
「16番は本当に厳しいホールだけど、トーナメントにとっては良いホールだ。これが17番や18番だと意味がないけど、バーディホールの15番の直後にあのホールがあることで、選手たちの戦略がそのときリーダーボードのどこにいるかで変わってくる。トーナメントの展開を面白くするホールだよ。勝敗を左右するホールだ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。