ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 バルタスロールGC(ニュージャージー州)

注目選手のインタビュー/全米プロ2日目

フィル・ミケルソン(首位/8アンダー)
「後半のフロント9をイーブンパーでまとめればいいと思っていました。ここは1番から7番までが特に難しいので、バック9でスコアを伸ばすしかありませんが、今日はそんなプレーができました。後半はイーブンパーで周るのが目標だったんですが、いきなり1番でダブルボギーを叩いてしまいました。それでも、イーブンパーというのは嬉しいですね。ピンがグリーンの低い位置でグリーンがソフトならピンを果敢に狙うことも可能です。もしもグリーンが硬く、コースがもっと厳しいコンディションとなれば安全なパー狙いなゴルフが必要でしょう。明日からどんな状況になるか分かりませんが自信を持って週末を迎えられることは間違いありません」

デービス・ラブIII(3位タイ/4アンダー)
「今日はショットが良く、うまくパーパットを沈められたと思います。我慢強いプレーができましたね。ものすごいギャラリーの前でいいプレーができて楽しかったです。フェアウェイをキープしなければスコアは伸ばせません。上位にいる選手はみんな確実にフェアウェイへ運び、パーオンさせ、パットを沈めています。ここは少しでも気を抜いたらミスにつながるコースなので、一つ一つのショットに集中するだけです。短いパー4にとても長いパー4、2オンできるパー5とできないパー5が1つ、バランスがよく取れています。私の場合、パー5が6つあると助かるんですけどそんなコースはありませんからね。今日のパー3はクラブの選択に悩む位置にピンが切られていましたが、とにかくあらゆるショットが求められるコースです」

レティーフ・グーセン(11位タイ/2アンダー)
「今朝のグリーンは完璧なコンディションでした。今は乾いて難しくなっていますがね。今朝はロースコアを狙えるコンディションだったんです。でも、私はフェアウェイをキープできたのが4ホールだけだったのでイーブンパーがやっとでした。明日からもとても蒸し暑くなると思いますし、グリーンはさらに難しくなるでしょう。それでも今日までのスコアからいって優勝スコアはアンダーパーでしょうね」

タイガー・ウッズ(62位タイ/4オーバー)
「今日はスイングにはいい感触があったんですが、パットはその正反対で序盤は全くダメでしたね。スピードもラインを読むのも最悪でした。忍耐力と共にその時だけに集中し、こつこつプレーする。今日もそんなラウンドをしただけです。ゴルフでは何が起こるか分かりません。上がり2ホールではバーディとイーグルを決めるというシナリオを描いていました。18番のピンは狙える位置でしたからね。16番までは1アンダーペースだったので、これならいけると思ってたんです。ところが17番のボギーでまた5オーバーに逆戻り。それなら18番でいいショットを続けて2打放つしかないと思ったんですが、その通りのプレーができたことを誇りに思います。明日は何とかアンダーパーで周り、トップ争いに加わることが目標です。第3ラウンドが終わった時点でどこまで順位を上げることができるのか、結果を見れば日曜日にどんなスコアが必要かが分かりますからね。とにかく明日はかなりのロースコアが必要なことは確かですから、そんなプレーができるよう頑張ります」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。