ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 バルタスロールGC(ニュージャージー州)

今日の日本人選手/地元ギャラリーから「SHINGO!」の大歓声!片山晋呉が6位タイに浮上

全米プロゴルフ選手権 2日目

トップと4打差の1オーバー、40位タイからスタートした片山晋呉。2日目もタイガー・ウッズの1組前ということもあり、各ホールに多くのギャラリーが取り囲んだ。プレッシャーがかかるかに思われたが、それはまったく杞憂に。むしろ、メジャーの大ギャラリーを味方につけ、どんどんスコアを伸ばして行った。

4番のパー3。ティショットをピンそば1メートルにつけたショットに大歓声が巻き起こる。まずはイーブンパーに戻した。9番はトラブルに見舞われるも何とかボギーで抑える。10番、11番、12番もピンチをパットでしのぎパーを拾い続けた後、片山のゴルフが“ノリノリモード”に突入した。

13番では5メートルほどのパットを沈めバーディ。15番のパー4では2打目をピンそばにつけバーディ。さらに上がりの17番、18番を連続バーディ。地元ギャラリーから「SHINGO!」と歓声がかかるほどのナイスプレーで、通算3アンダーの6位タイまで順位を上げてきた。トップのフィル・ミケルソンに5打差をつけられているが、明日の展開しだいでは十分に優勝も狙える位置。2001年、4位タイに入った以上の活躍を期待したい。

81位タイからスタートした丸山茂樹は、出だし10番のティショットを左に引っかけ深いラフに。2打目もラフにつかまり結局4オン、2パットとスタートホールでダブルボギーをたたいてしまった。その後も立て直すことができず、11番をボギー、12番をダブルボギーとスコアを崩していく。結局2日目は1つもバーディが奪えず7つスコアを落とし、通算10オーバーの121位タイで予選落ちを喫した。

119位タイからのスタートとなった谷口徹もボギーが先行しスコアをさらに落としていってしまった。上がりの17、18番を連続バーディで締め一矢を報いたが、通算12オーバーの138位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。