ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

今日のタイガー/ショットは好調!横綱ゴルフでメジャー2連勝だ!!

全米プロゴルフ選手権 3日目

大会3日目、最終組から3組前、午後1時25分にタイガー・ウッズはスタートした。同伴競技者はジュニア時代からの親友クリス・ライリー。シカゴ郊外メダイナは湿度の高い午後となったが、気温は26度~28度、風は北北西の方角から吹いていた。

トップグループと1打差の5位タイ、7アンダーからスタートしたタイガーは、シカゴのゴルフファンを魅了するバーディラッシュを見せた。8バーディ、1ボギー「65」とスコアを伸ばし通算14アンダー、同スコアで並んだルーク・ドナルド(イングランド)と明日は最終組でプレーする。

前半は2番、4番、7番、9番と4つのバーディを取り「32」。後半に入っても勢いは続き13番、14番、15番と3連続バーディ。16番は3パットのボギーとしたが、池越えのパー3、17番で8個目のバーディを取ってバックナインは「33」、通算7アンダーの「65」とした。

1番ホールでティショットを大きく右に曲げてしまったタイガーだが、昨日に続いてスーパーセーブが出る。パーパットは下りで11メートル、これを沈めて今大会で一番大きなガッツポーズを見せて喜んだ。フォローの風となった2番ホールでは8番アイアンを使用、フォローの風に乗せる高い球はピン手前2.5メートルにつけた。右から左に曲がる軽いフックラインを沈めてバーディ。

初日、2日目とフェアウェイを外していた5番では会心のドライバーショットを見せた。ピンまで210ヤードの2打目を5アイアンで2オン。7メートルのイーグルトライは沈めることは出来なかったがバーディを奪う。587ヤードと距離の長い7番のパー5では2打目、267ヤード地点から5番ウッドでグリーンを捕らえて2パットのバーディとした。左ドッグレッグのパー4、9番ではティショットで5番ウッドを選択。フェアウェイ右サイドから9番アイアンでピン傍1メートルにつけ4つ目のバーディを奪取した。

後半になって最初にチャンスを迎えたのは距離の長い13番。250ヤードのパー3を3番アイアンでピン横2.5メートルにつけるスーパーショットを見せた。13番は3日間でバーディ15個しか出ていないタフなホール。ここでバーディを取ったタイガーは勢いをつけて次の14番でもグリーンサイドからの3打目をピタっと寄せて通算13アンダーとした。

15番では3アイアンでティショットを放った後、ディボット跡にボールがあったが9番アイアンで1メートルに寄せるショットを放った。初日のスタートホール(10番)から50ホール連続ノーボギーとしていたタイガーだったが、16番で13メートルから3パットを犯してしまいボギー。しかし池越えの17番では7番アイアンで手前のピンそば4メートルに寄せて今日8個目のバーディを奪った。

これまでタイガーが記録したメジャー11勝のすべてが逃げ切り優勝というデータが示すとおり、一番強い選手がリーダーボード上に名前を載せてきた。4打差までに僅か6人と、優勝カップ、ワナメーカートロフィーを掲げるチャンスのあるのは限られた選手に絞られた。最終組で一緒のペアリングとなるルーク・ドナルドは力で押すタイプではなく、落ち着いたポーカーフェースでボギーを叩かない粘り強い選手だ。明日の優勝スコアはピンの位置と風次第だが、-16でプレーオフ、-17で優勝といった感じの展開になる可能性が高い。2週間前のビュイックオープンでも自己ベストとなる28個のバーディを取っているタイガーはアイアンショットが好調。奥のピンに対してはオーバーを警戒して突っ込んでいかないときがあるが、球の高さはもちろん左右のコントロールの精度も高い。今日のようにティショットでしっかりフェアウェイを捉えることができれば、得意の横綱ゴルフになるだろう。

キーとなるのはやはりチャンスホールのパー5。5番、7番そして14番とこの3ホールだけで8つスコアを伸ばしているので、ここできっちりバーディを取れれば残りのホールはリスクを負わずにパールートを探して丁寧なゴルフに徹するはず。

★ラウンドデータ
・スコア:65(32-33)7アンダー

・バーディ:8回
・パー:9回
・ボギー:1回

・フェアウェイキープ率:78.6%(14ホール中11ホール・・外したホール:1番、10番、18番)
・パーオン率:94.4%(18ホール中17ホール外したホール:1番)

・合計パット数:30パット

・1パットホール:7回
・2パットホール:10回
・3パットホール:1回

・パー3:通算3アンダー
・パー4:通算1アンダー
・パー5:通算3アンダー

・パー5の2オン:4ホールのうち2回(5番ホール、7番ホール)

・ドライバー飛距離320.5ヤード
計測ホール7番321ヤード、14番320ヤード

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。