ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 場所:パインハーストR & CC(ノースカロライナ州)

15歳の日系ジュニアゴルファーが全米オープン最終予選を突破、本選出場へ

全米オープン最終予選15会場の中で、一番参加人数が少なかったのはハワイ・カウアイ島ポイプベイ。地元ハワイ出身の10人(アマチュア3人)の戦いで、本選に出場できるたった1枚の切符を手にしたのは「70」-「71」の好スコアで回ったタッド・フジカワ選手。 この日系選手、実はまだ15歳で先日10年生(日本では中学3年生)を終了したばかりのジュニアゴルファーだという。

これまでの最年少記録は1941年に、当時14歳だったT・ガース君が参加したということだが今回はそれに次ぐ記録になるという。ハワイ・ホノルルの新聞紙「ホノルル アドバタイザー」によると、フジカワ君は3ヵ月半早い早期産児で生まれ、誕生時は880グラムしかなかったそうだ。現在は155cm、60キロながら平均飛距離は285ヤード、得意なクラブはパターだという。

第1次予選ではハワイ・オアフ島の会場でトップ通過のミッシェル・ウィに2打足らず「74」の3位タイで終了しながらもプレーオフの末、最終予選会の切符を手にした。1歳年上となるミッシェル・ウィがアメリカ本土での最終予選会を受験することによってライバルがいなくなっていたようだ。ウィングフットには両親、祖父母、柔道の先生そしてゴルフを教わっている先生(兼キャディ)と一緒にいくというフジカワ君の健闘に期待したい。

ちなみに、ウィはニュージャージー州での最終予選に挑戦し、本戦出場を逃したが、このハワイ会場での最終予選に出場していたら、1次予選と同じようにメダリスト(1位通過)を果たしていたかもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!