ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 マスターズ
期間:04/06〜04/09 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

今日のタイガー/イーグルもあればダボもあり!出入りの激しいゴルフながら19位タイの好スタート!

マスターズ初日

午前10時23分、黒色帽子に青色のストライプシャツを着たタイガー・ウッズがスタートした。初日と2日目は同じ組み合わせでのプレーとなるが、同伴競技者はロバート・アレンビー(オーストラリア)とエドアルド・モリナリ(イタリア)。モリナリは昨年の全米アマチュア選手権覇者である。気温は午前は16~18度だったが、午後には25度まで上昇。風は主に北東から僅かに吹く一日となった。

タイガーは初日、1イーグル、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーのイーブンパーでホールアウト。5アンダーで単独トップを走るビジェイ・シン(フィジー)とは5打差の19位タイにつけた。

<< 下に続く >>

1番ホールのティショットは左に引っ掛けてしまい林の中に入るが、うまく2オンに成功させ2パットのパーでスタート。チャンスホールとなる2番では2オンすることができたが、チャンスを生かせなかった。2.5メートルのバーディチャンスは右から左に曲がるラインだったが、左に外してしまいパー。距離の短い3番は上り8メートルのバーディチャンスを僅かにショートし、このホールもパー。距離が長くなり難度の高いパー3となった4番では3メートルのパーパットを右にはずしボギー。1オーバーのまま7番を終えて、続く打ち上げのロングホールである8番で、2オンに成功させたウッズは13メートルから2パットでうまく収め、今日初のバーディを奪った。

後半は10番で2打目をグリーンオーバーとしてしまう。奥からのアプローチはグリーンをオーバーし、このホールは4オン1パットのボギー。13番ではフェアウェイから2オンを狙うがボールはグリーン左奥に外れてしまう。奥からのアプローチはパターで寄せてくるが強いタッチでカップを一度触れるものの4メートルオーバーしてしまった。この返しを外し13番のチャンスホールはパーとなってしまう。14番の2打目はピンまで168ヤードの打ち上げ。8番アイアンで放たれた球はピン左手前に落ちて、3バウンド目にスピンがかかり右に動きカップイン!このイーグルで1オーバーのスコアから1アンダーになり一気にリーダーボードに「TIGER WOODS」の名前が載る。しかしアンラッキーはすぐ次の15番で訪れる。2打目を刻み3打目勝負を狙ったが、ボールはディボッドの中。ここからリスクを負い果敢に池越えの3オンを狙うがボールはショート。池につかまり、このホールは6オン1パットのダブルボギーで再び1オーバーに後退。最終ホールで左奥のピンに対し右奥から13メートルのバーディパットを沈め、バーディで締めくくった。

初日はイーブンパーの「72」。19位タイの好位置につけた。明日は最終組の1つ前、午後1時30分のスタートとなる 。

風も少なく、ピンの位置も比較的狙い易く設定したホールも多く、スコアを伸ばすチャンスだった。しかしタイガーはパー5でスコアを伸ばせず、うまく流れに乗れない初日となっってしまった。2番と13番は両ホールともパターでイーグルを狙ったが、パーに終わった。

14番の2打目がカップインするイーグルはもちろん良かったが、この日一番のチャンスホールである平均ストロークが4.64となった15番でのダブルボギーは痛い。好スコアの条件が揃った中でも60台のスコアは3人ということでやはりコースは難しい。今後グリーンが硬くなってくれば最終的な優勝ラインは2桁ではなく、5か6アンダーぐらいになると予想する。

明日は午後の組ということで簡単にアンダーパーを出せるような状況にはならないはず。初日ノーボギーで5アンダーのビジェイ・シンがタイガーの前組で回る。タイガーとしては状況を確認しながら回れるので有利だと思う。パー3やパー4ではピンをダイレクトではなく、次のショットのアングルを考えたセーフティショットを使って地味なパーを続けて、パー5で積極的に攻めていくアクセルとブレーキをうまく使うことができれば、明日はリーダーボード1枚目(上位8名)に「TIGER」の名前が挙がってくるだろう。

タイガー・ウッズ初日データ

フェアウェイキープ率:64.2%(14ホール中9ホールでフェアウェイキープ)
パーオン率:66.6%(18ホール中12ホールでパーオンに成功)
合計パット数:29回
パーオンしたときの平均パット数:1.33
バンカーセーブ率:0%(バンカーに入らず)
平均ドライバー飛距離計測ホール平均:293ヤード
パー5、2オン率:66.7%(3回トライ、2回オン)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イーグル:1回
バーディ:2回
パー:12回
ボギー:2回
ダブルボギー:1回

パー3:1オーバー
パー4:2アンダー
パー5:1オーバー

0パット:1回
1パット:8回
2パット:7回
3パット:2回

解説/アンディー和田

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!