ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ウィリアムズ・ワールド・チャレンジ初日/M.オメーラ、F.カプルスが首位

タイガー・ウッズがホストを務めるウィリアムズ・ワールド・チャレンジ初日に、好スタートを切ったのはスポンサー招待のマーク・オメーラ。9番ではアプローチをピンハイにピタリと寄せてバーディを奪うなど、この日は6アンダーの66でフィニッシュし、首位に立った。

「彼は本物の親友だ。他の選手を招待する事も出来たのに、私を選んでくれたの。私の事を気にしないで招待選手を決めるように伝えてあったからね。フレディー(F.カプルス)とのラウンドは楽しかったし、初日のスコアにも満足しているよ」

<< 下に続く >>

そのオメーラと同じ組のフレッド・カプルスは13番パー5で、4メートルのバーディパットをゲット。続く14番パー4でも2打目をピン横2メートルにつけて楽々バーディ。また16番パー5でも3打目をピンハイに寄せてバーディを奪った。最終ホールでは10メートル級のパーパットをねじ込み、オメーラと並び6アンダーの首位でフィニッシュした。

「参加できて嬉しいよ。昨年の大会でも好成績だったしね。もっと内容の良いゴルフをしようと努力してたんだ。今日はパットが決まったね。来シーズンに向けて、最高の滑り出しだ。ここ数年、パッティングの不調が影響して内容が悪くなっていた。パットが決まり出すとショットも良くなってくるから不思議だよ。タイガーは、僕を選んで大正解だったね」

タイガーは、出入りの激しい内容でトップから2打差の4アンダーで3位。同じく4アンダーには、ビジェイ・シンスコット・バープランクが並ぶ。11月4日からクラブを握っていなかったデービス・ラブは、首位から5打差の1アンダー。新クラブをテスト中のデビッド・デュバルはイーブンパーで初日を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!