ニュース

米国男子ミケロブ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ミケロブ選手権
期間:10/03〜10/06 場所:キングスミルGC(バージニア州)

米ツアー初優勝を遂げたハウエルのゴルフ史

先週の米ツアー「ミケロブ選手権」で念願の初優勝を飾ったチャールズ・ハウエルIII。ミケロブ社主催ということもあって優勝者はビールの一気飲みを披露するのが慣わしだが、ハウエルは一気に飲み干せなかった。別にアルコールが苦手なわけではないが、幼い頃からゴルフばかりやってきたハウエルは、普通の学生のような飲み会はやってこなかったのだろう。今回、人生で初めて一気飲みに挑戦。しかし飲み干せなかったという。

チャールズ・ハウエルJr.(父親)
「子供の頃に隣の息子たちがおもちゃのクラブで遊んでいてね。一緒に遊んでいるうちにゴルフを覚えていった。よくスポンジのボールで花壇越えのショットを打ったり、自分達でいろんな障害物を作って遊んでいたよ」

リー・ハメット(ハウエルの最初のコーチ)
「チャールズの母親から電話があって『息子にゴルフを教えてほしい』と頼まれたが、私は子供に教えていなかったのでお断りしました。しかしとても夢中になっているからぜひ教えてほしいと説得され、それならと、一度コーチすることに決めたのです。その時チャールズはまだ6歳ですごく小柄な細い子でした。とにかく一度スウィングを見てからアドバイスしようと思い、7番アイアンで打たせたら、素晴らしく美しいスイングで125ヤード、それもドローボールを打ったのです。驚いてひっくり返りそうになりました。もう一度打たせてみても、同じ位置に飛ばしていました」

ハウエルは10歳でジュニア・チャンピオンに輝き、4年連続優勝。12歳の時にはオーガスタで初めてプレーをし、なんと79でラウンドした。20歳の時にはNCAAチャンピオンシップ(全米学生選手権)で、2位に8打差をつけ優勝という史上初の快挙を達成。そしてついに、23歳で初の米ツアー優勝を果たしたのだ。

リー・ハメット
「チャールズを見て、初めてゴルフに天性のスウィングというものがあることを知りました」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ミケロブ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!