ニュース

米国男子ミケロブ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ミケロブ選手権
期間:10/03〜10/06 キングスミルGC(バージニア州)

やはり来た! 新鋭ハウエルのツアー1勝目

米国男子ツアー「ミケロブチャンピオンシップ」は、3日目を終えて混戦状態となり、誰が抜け出すのか注目された。そして、最終日にスコアを伸ばしたチャールズ・ハウエルIIIが、14アンダーでツアー初優勝を飾った。

10アンダー3位からスタートしたハウエルは、スタートの1番ホールでバーディを奪うと、3、4番で連続バーディを奪い首位のブラント・ジョーブを捕えた。そのまま一気に抜き去るかとも思われたが、6番ではボギーを叩き一歩後退。

しかし7番パー5では、飛ばし屋の本領を発揮しイーグルを奪い単独首位に立った。中盤の10、11番で連続ボギーを叩いたが、優勝争いを演じていたジョーブが崩れ、ハウエルのツアー初優勝が決まった。

昨年からツアーに参戦している若手だが、そのデビュー年7月には、ミルウォーキーオープンで丸山茂樹とプレーオフを行った。この時は丸山に軍配が上がったが、ハウエルがいつ優勝するのか、周囲の期待は高まるばかりだった。

同年代の若手が優勝する中で、取り残されることなく勝利を挙げたハウエルは、今後も注目される。この1勝をキッカケに、トップクラスの選手に成長しそうな気配だ。

ベテランのスコット・ホークがスコアを2つ伸ばして、12アンダー2位。この日のホークは、スタートからバーディ、ボギーを繰り返す出入りの激しいゴルフで前半はイーブンパー。後半に2バーディを奪ったが、ハウエルを捕えることはできなかった。

3位には、前日単独首位に浮上したブラント・ジョーブ。こちらもツアー初優勝を狙ったが、前半は慎重なプレーからスコアを伸ばせなかった。7番でバーディを奪い15アンダーまで伸ばしたが、後半は1バーディ、3ボギーでスコアを1つ落としてしまった。特に勝負どころの16番以降で2つのボギーは痛かった。前日4連続バーディを奪ったホールでのボギーは、初優勝へのプレッシャーということか。

そして、今週も前半から上位に名を連ねていた田中秀道は、3番パー5でバーディを奪ったが、その後ボギーを3つ叩き6アンダー14位で終了した。

関連リンク

2002年 ミケロブ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~