ニュース

米国男子ライダーカップの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ライダーカップ
期間:09/27〜09/29 ザ・ベルフリー(イングランド)

第34回ライダーカップ開会式

日本時間26日の午後10時に開催コース、ザ・ベルフリィの練習場に設けられたステージを囲み、第34回ライダーカップの開会式が始まった。往年のライダーカップ・プレーヤーたちが入場し、過去の名勝負が紐解かれた。また、代表選手たちの奥様や恋人が入場。タイガーはご存知、エリンさんと入場し、ガルシアは残念ながらヒンギスの代わりにママが入場した。そして、バグパイプに先導され、両チームキャプテンを先頭に24名の選抜選手たちが入場。大会が1年延期になった理由、昨年の米国同時多発テロの追悼とこの大会が無事に終わることを祈る司教の祈りのに続き、開会に向けて両キャプテンによるスピーチと選手紹介が行われた。

カーチス・ストレンジ「なぜこの大会が2002年に延期されてしまったかという理由を忘れずに過ごせた日々はありません。この気持ちはアメリカ人特有のものではないはずです。ここに代表しているすべての国々からも犠牲者が出てしまい、悲しみは同じです。国を代表するような名誉を賜ることは本当に素晴らしいことです。さらに、その彼らを束ねるキャプテンを仰せつかったことは本当に光栄に思っております。」

サム・トーランス「カーチスと私が以前から申し上げていますように、我々をチーム分けしているのは出身国だけです。しかしゴルフに対する愛情は同じだけ深く、この大会が世界最高水準のゴルフでありながら、最高のイベントであり、その一員としてここに立つことが、どれほどまでに誇らしいものか皆さんにお伝えしたい。2001年欧州選抜チームのキャプテンとして選手達を紹介できることを本当に光栄に思います。」

そして注目、初日午前のフォーボールのマッチングが壇上から発表された。

1組目:タイガー・ウッズポール・エイジンガー VS ダレン・クラークトーマス・ビヨーン
2組目:デビッド・デュバルデービス・ラブIII VS セルヒオ・ガルシアリー・ウェストウッド
3組目:スコット・ホークジム・フューリック VS コリン・モンゴメリーベルンハルト・ランガー
4組目:フィル・ミケルソンデビッド・トムズ VS パドレイグ・ハリントン&ニコラス・ファスト

対戦相手が判明するたびに会場からは「ほぉ~」やら「なるほどそうきたか」などという声がもれ聞こえてきていた。両キャプテンは発表後に戦略どおりになったかと聞かれ、カーチス・ストレンジが「思ったとおりだ」とジョークっぽく笑うと、サム・トーランスも「そのくらい大きな口が叩けなければキャプテンは勤まらないよな」と辛口ジョークで返した。

関連リンク

2002年 ライダーカップ

  • 2002/09/27~2002/09/29
  • 優勝:欧州選抜
  • ザ・ベルフリー(イングランド)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。