ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

「全英オープン」も米ツアー優勝になる

1995年以前にメジャーである「全英オープン」を優勝しても、米ツアーのメンバーは、その優勝は米ツアーの優勝回数としては加算してもらえなかった。しかし先週、米ツアー規定委員会がルールを改訂し、優勝回数として加えることが決定した。しかし賞金に関しては相変わらず米ツアー生涯獲得賞金には含まないこととなっている。その結果、1995年以前の全英優勝者は、その優勝を米ツアーでの優勝として記録を書き換えることになる。例えば米ツアー優勝数では、タイガー・ウッズは現在33勝でトム・ワトソンの34勝にあと1勝と迫っていたが、ワトソンには全英オープンの5勝が加わって、タイガーとの差が6勝に開いた。

◇改訂後のデータ
サム・スニード :81勝→82勝
ジャック・ニクラス :70勝→73勝
トム・ワトソン :34勝→39勝
ゲーリー・プレーヤー:21勝→24勝
グレッグ・ノーマン :18勝→20勝
セベ・バレステロス :6勝→9勝
ニック・ファルド :6勝→9勝

記事提供元: ゴルフセントラル(C)ザ・ゴルフ・チャンネル


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~