ニュース

米国男子フェデックス セントジュードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

米国男子ツアー「フェデックス・セントジュードクラシック」2日目ハイライト

★グレン・ナティックが、初日と同じく2日間連続で65をマークしトータル12アンダーで単独首位に立った。

初日も6アンダーで首位タイと好調なスタートを切ったナティックは、この日、6バーディ、ノーボギーと完璧なラウンド。11アンダーで迎えた最終18番ホールでも8メートル強のパットを沈め、単独首位でラウンドを終えた。

<< 下に続く >>

「以前は結果にこだわりすぎて、自ら崩れていた。決勝ラウンド(3日目、最終日)は、気負わず、まるで2日目をプレーしているように気楽に臨む」

カナダ出身のナティックはツアー未勝利。2000年のBCオープンでの3位タイがツアー最高記録だ。2日目を終えて単独首位に立つのは初めて。“初”尽くしで優勝をもぎとれるか期待したい。

★2位には、2日目ベストスコアとなる、63で回ったパット・ベーツが入った。1イーグル、6バーディという内容。イーグルは12番パー4で、2打目を直接入れてのものだ。ベーツは昨年、下部ツアーのBUY.COM(バイドットコム)ツアーで3勝を挙げ、バトルフィールドプロモーションという米国男子レギュラーツアーへの緊急昇格制度を経て参戦している。ティショットの正確性に定評がある選手だ。

同じく11アンダーにはジェイ・ハースとノタ・ビゲイIII。ビゲイは今季開幕戦から11試合連続予選落ちと、不振を極めていたが、先週のキヤノン・グレーターハートフォードオープンでやっと予選通過。過去73ラウンド中、最高となる65で回り、復調の兆しを見せている。コンスタントに成績を残すタイプではなく、爆発力に魅力がある選手なので、ここで一気に優勝を狙ってくるかもしれない。

★その更に1打差の10アンダーには、2日連続で66を記録したジャスティン・レナードマット・クーチャーの2人。2人とも全米アマ優勝経験者。

★ポール・スタンコウスキにとっては辛い一日となった。3アンダーで迎えた11番パー3で8を叩いた。浮島グリーンのこのホールで、ティショットをグリーン後方の池に落とし、さらにドロップして打った3打目も池に入れてしまい、結局予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 フェデックス セントジュードクラシック




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!