ニュース

米国男子フェデックス セントジュードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

グレン・ナティックが連日の6アンダーで単独首位に立った

フィールドが弱い? 大会前の米国メディアは、今大会をそう表現していた。確かに世界ランキング上位選手は少ないが、バーディラッシュの展開で好スコアが続出。予選通過は2アンダーまでという、ハイレベルな戦いになった。

初日が雷雨のため中断になり、そのままサスペンデッド。そして、2日目の朝から再開され、第2ラウンドは予定よりも1時間30分遅れてスタートした。初日に65をマークし首位タイのグレン・ナティックが、6バーディ、ノーボギーで2日連続の65でラウンドし、12アンダー単独首位に立った。

<< 下に続く >>

そして、1打差の11アンダーにはパット・ベーツ、ジェイ・ハースとノタ・ビゲイの3人が並んでいる。3アンダー17位からスタートしたベーツが、この日のベストスコア8アンダー(63)をマークして浮上してきた。

8アンダーを出したのはベーツを含めて3人。初日107位のジョエル・エドワーズは、3、5番のパー5でイーグルを奪い、6番から9番ホールまで4連続バーディ。アウトコースで28、8アンダーという記録的なスコアを叩き出し、通算6アンダー16位に急浮上した。

5アンダー3位と好スタートをしたマット・クーチャージャスティン・レナードは、共に2日連続の5アンダーをマーク。順位は5位に下がったが、首位と2打差で優勝チャンスにつけている。今シーズンすでに優勝をあげているこの2人が、どこで抜け出してくるかが注目されている。

そして、今大会の注目選手はジョン・デーリーだ。昨年2位に終わった雪辱を果たすべく、初日は6アンダー3位につけていた。2日目、10番ホールからスタートしたデーリーは、11番パー3、17番でボギーを叩きスコアを崩してしまった。後半は、バーディを3つ奪いスコアを1つ伸ばしてこの日のラウンドを終了した。スコアを伸ばしたとはいっても、周りが大きく伸ばしているため、順位は16位まで下がってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 フェデックス セントジュードクラシック




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!