ニュース

米国男子メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 メモリアルトーナメント
期間:05/23〜05/26 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

「メモリアル」各選手のインタビュー

ジム・フューリック(優勝)
「首位グループが苦戦してスコアを崩し、逆に7~8アンダーでスタートした選手がスコアを伸ばし、立場が入れ替わった。優勝争いは10~12アンダーくらいと予想し、後半は気合を入れてプレーした。結局3バーディと1イーグルでスコアを伸ばせた。前半を折り返した頃から、攻撃的なプレーになった。12番でのイーグルは勢いに拍車をかけた。どんなトーナメントも優勝できるのは嬉しいことだけど、ニクラス主催のトーナメントでこれだけの顔ぶれが揃った大会を制することができるのは本当に嬉しい」

ジャック・ニクラス
「身体の調子は悪くなかった。でも思うようなプレーができなかった。自分のベストを尽くしたけれど、思った場所にボールを運べなかった」

タイガー・ウッズ
「気後れは感じなかった。パットが決まって波に乗れれば、チャンスはあると信じてプレーした。徐々にパットが入るようになり、カップが大きく見えた。そしてショットも良くなった。今日のラウンドは決して悪くなかった」

デビッド・ピープルズ(2位タイ)
「ベストを尽くした。ショットもパットも納得したし、自分を誉めたい」

ジョン・クック(2位タイ)
「今日は出だしにつまずいて、辛抱を強いられたが後半にチャージをかけられ、65をマークできて満足」

ビジェイ・シン(4位タイ)
「上がりの2ホールでミスをして優勝を逃した。してはならないミスを最悪の場面でしてしまった」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!