ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

【石川遼専属キャディ・加藤大幸のマスターズレポート〈3〉】

悔しい初日になりました。まずはショットの調子が本当に悪かったです。

振り返ってみると、少し“よそ行き”のゴルフをしてしまったところもあるかもしれません。一昨年は予選落ちをしていたので、去年はまず予選を通ろうとして、まずまず良いところ(20位タイ)まで行くことができました。でも今日に関して言えば「頑張ろう、頑張ろう」と力が入りすぎて、緊張感が悪い方に出てしまいました。

ポイントはいくつかあります。ボギーをたたいた1番は(前週)土曜日から水曜日までの練習ラウンドで、ティショットでフェアウェイを一回も外していなかったんです。でもゴルフでは、逆にそれが突然悪いイメージを生むことがあるんです。パッと構えたときに「あれ、このホール、こんな景色だったか?」、「ここ、フェアウェイ以外に行ったこと無いよな?」と…。実際に遼は体が動かなくなって、ボールは左に行ってしまいました。

2連続ボギーをたたいた後は、難しい4番、5番、7番も上手く攻められました。集中力を切らさずに後半はプレーできていました。もしかしたら、イーブンくらいまで戻せるかも…と思っていました。

けれど(ティショットをクリークに入れた)12番も、今まで一度も池に入れたことは無かったんです。いいイメージだけしかなく、それが難しいほうに転がってしまいました。遼は今日、去年僕が使っていたコースメモを持ってラウンドしていたんです。急に去年のイメージがわいて、体が止まってしまったのかもしれません。

また、あのホールはダレン・クラーク選手がオナーで、まずピンそばにつけました。次に打った遼が持つクラブは8番アイアンしかないのですが、クラーク選手はスイングがすごくゆったりしているので、『もしかして大きいかもしれない』と手元が緩んでしまったかもしれません。

もちろん良いショットもありました。13番(パー5)は去年の3日目以来、ドライバーでティショットを打ちました。フェアウェイをとらえて、2オンしたショットも良かった。そういう意味ではここから攻めていこうという気持ちでした。ただやはり、勝負どころでのパット。今日の4オーバーは、やはりパッティングが悪かったことに尽きます。しっかりと入れていれば、1オーバー、イーブンパーのゴルフだったと思います。

今日はこれ以上ない、というくらい状態が悪かったです。明日はこれ以上悪くなることはまず無いはず。もっと攻めていっても“大ケガ”ないはずです。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。