ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ザ・プレジデンツカップ
期間:11/17〜11/20 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

タイガー、最後に大仕事! チームの勝利に貢献

米国選抜が世界選抜を4ポイントリードして迎えた「ザ・プレジデンツカップ」最終日。この日はシングルス戦12試合が組まれ、前半スタート組では世界選抜が逆転への執念を見せる。トップスタートのキム・キョンテ、3組目の石川遼らが勝利を飾り、4組まで世界選抜が全勝。展開は、一気に混沌の様相を呈した。

その後も一進一退が続き、ラスト2組を残して17ポイント対15ポイントで米国選抜が僅差でリード。ここで決着をつける18ポイント目を奪ったのが、11組目を回ったタイガー・ウッズだ。タイガーはアーロン・バデリーを相手に5番でUPを先行。その後も好調なパットを武器に着々とUPを重ね、15番までに5バーディ、1ボギーという好容。3ホールを残し、4&3の圧勝を飾った。

チームが4連敗のスタートに、「最初は順調なスタートが切れず、(決着は)たぶんラスト4組のマッチまで降りてくると話していたんだ」とタイガー。自らの組で決着のポイントを奪い、「いい気分だね」と笑顔を見せた。

キャプテン推薦でタイガー選出したフレッド・カプルスは「たくさんの人たちが、なぜ私がタイガーを選んだのかを聞かれた。彼は1ヶ月間準備をしてきたし、この1週間でもいける準備はできていた。もちろん優勝カップは獲りたい。でも、彼が心配なくプレーできることを人々に理解させることのほうが、私にとってより重要なことだった」とコメント。多くの議論を生んだ、キャプテン推薦によるタイガー選出。初日、2日目と連敗が続いたが、最後の最後で大きな仕事を成し遂げた。(メルボルン/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ザ・プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。