ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 場所:コングレッショナルC.C(メリーランド州)

【羽川豊’s EYE 全米オープン開幕前】耐え続ける精神力がカギ

今年の舞台、コングレッショナルCCは7574ヤードと大会史上2番目の長さを誇るタフなコース。セカンドショット以降もロングアイアンが多用されるだろうから、もちろん飛ばし屋が有利だろう。それに加えてもちろんセッティングが極めて厳しいからバーディ合戦にはならないはず。ボギーを打たないゴルフに徹する必要がある。

全米オープンは皆が勝ちたいと思っている大会。けれど、初日で半分の選手が優勝争いからいなくなって、2日目にはそのまた半分になる。最終日、最後に優勝を争うのは5、6人。どんどんふるい落とされていくところなんだ。いいショットがいい結果にならないこともある。ボギー、ボギーと続いてもあきらめてはいけないし、何があっても、じっと耐えるタフな精神力が問われることになるだろう。

<< 下に続く >>

タイガーがケガで出られないのは本当に残念だけれど、逆にいえば、これで誰が勝つか分からなくなった。誰にでも勝つチャンスがある。特に欧州の若手選手はどんどん良くなっている。最近はクラブの長尺化が進み、それに伴ってスイングもどんどんフラットにして、飛ばしていく傾向がある。そこに早く慣れた選手がしっかり結果を残している。ロリー・マキロイ(北アイルランド)もマスターズのリベンジを狙ってくるはずだ。

去年に続く出場となる石川遼。今季ここまでの“流れ”は確かに悪い。2、3月の米国遠征では苦しんで、4月のマスターズで20位タイという成績を残した。そのアメリカでの練習の成果を、日本ツアーで早く発揮したかったんだけど、開幕戦の「東建ホームメイトカップ」、プレーオフで敗れた「とおとうみ浜松オープン」でチャンスを逃してしまった。今大会直前の日本ツアーは2週連続で予選落ち。いろんな試行錯誤を続けているのはよくわかる。この流れをどうするのか、初日にどうプレーするか注目したい。

藤田寛之久保谷健一の2人のベテランにも期待したい。確かに飛ばし屋が有利なコースではあるが、2人とも決して“めちゃくちゃ飛ばない”というわけではないからね。藤田はオーガスタで初日、しっかりと盛り上げてくれた。久保谷は最終予選会を勝ち抜いたという強みがある。「ダメだ、ダメだ」と言いながら頑張るタイプ。自信を持って臨んで欲しい。2人ともまずはフェアウェイキープに徹すること。彼らはその技術を持っているはずだよ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!