ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

2004年を振りかえる/アーニー・エルス編

2004年欧州PGAツアーの賞金王、PGAツアーでも賞金ランキング2位と文句無しの素晴らしいシーズンを過ごしたはずのアーニー・エルス。しかしエルスにとっては悔しさの残るシーズンだったに違いない。2004年の「ソニーオープン」をプレーオフの末、優勝したエルスは自信に満ち溢れ、オーガスタ・ナショナル入りした。「マスターズ」最終日のバックナインに折り返すまで、エルスがついにグリーンジャケットの袖に手を通すときが来たと思われていた。しかしミケルソンが上がり7ホールで5つのバーディを奪い、優勝をさらっていった。

アーニー・エルス(マスターズ時)
「落胆していますよ。でもミケルソンは長年メジャーに勝てずに苦しんでいましたからね、その意味では彼を祝福します。今回は僕が負けたのではなく彼が勝ったのです」

ジャック・ニクラス主催の「メモリアル」での優勝で再び勢いをつけたエルス、「全米オープン」でも優勝争いにしっかりと身を置いた。しかし最終日“アンプレアブル”との批判を受けたコンディションの悪いグリーンに泣かされ、信じ難い80の大叩きで自滅してしまう。

続く「全英オープン」では唯一、4ラウンド全てで60台をマークする好調振りで優勝は間違いないと思われていた。ティショットには苦しんでいたものの、パットの好調ですべてを切り抜けていた。しかし72ホール目、入れれば優勝という2メートル半のパットを痛恨のショート。結果トッド・ハミルトンと4ホールのプレーオフに突入。プレーオフでも果敢な攻めが裏目に出たり、レギュレーションで決まっていたパットが決まらず、ハミルトンに優勝を譲ってしまった。

アーニー・エルス(全英オープン時)
「レギュレーション72ホール目のパットのことは悔やまれてしょうがない。当分忘れられないだろうね」

そして1ヶ月後、ホイッスリングストレイツで開催された「全米プロゴルフ選手権」。最終72ホール目でのボギーがプレーオフ入りのチャンスを奪った。結果、ビジェイ・シンが優勝。エルスの脳裏には「もしプレーオフに残れていたら」という後悔の念が溢れたことだろう。

今年4大メジャーの全てであとわずかのところまで来て逃してしまったエルス。ちなみにエルスにとっては落胆のシーズンであったとしても、PGAツアー、欧州PGAツアーの両方でなんと合計800万ドル以上稼いでいる。2004年シーズンの悔しさをバネにエルスがより気合の入った2005年シーズンを見せてくれることだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!