2002/08/26WGC NECインビテーショナル

クレイグ・パリーがアメリカ初優勝を飾った!

大混戦が予想された最終日は、あっという間にクレイグパリーの独走体制になった。2番、3番、4番と3連続バーディでリードしたパリーは、昨日に引き続きノーボギーの安定したプレーぶりを終始維持。9番でも
2002/08/26WGC NECインビテーショナル

クレイグ・パリーがアメリカ初優勝を飾った!

大混戦が予想された最終日は、あっという間にクレイグパリーの独走体制になった。2番、3番、4番と3連続バーディでリードしたパリーは、昨日に引き続きノーボギーの安定したプレーぶりを終始維持。9番でも
2003/03/28ザ・プレーヤーズ選手権

タイガーは36位、日本勢は大きく出遅れた!

/1:15/J.コセレス/C.パリー/S.ラウリー 8:40/1:25/T.ヘロン/H.フレーザー/B.ガイバーガー 8:50/1:35/C.キャンベル/P.ロナード/D.ピープルズ 初日10H/2日
2015/08/23ヨーロピアンツアー公式

引き続きメイド・イン・デンマークの主導権を握るホーシー

直して、明日もこの調子で行き続けるよ」 ピルカダリス同様に欧州ツアー初優勝を狙うクリス・ペイズリーは7バーディを奪う「66」で3日目をラウンドし、首位から4打差につけており、ジョン・パリーもこれに並ん
2015/12/01ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアーがオーストラリアのゴールドコーストへ

ヨーロピアンツアーの優勝経験者たちが、ステファン・アラン、ロバート・アレンビー、ピーター・オマリー、クレイグパリー、ブレット・ラムフォード、ピーター・シニア、マーカス・フレイザー、そしてリチャード・グリーン
2010/10/30マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント

【GDO EYE】明日が最後!C.パリーが慣れ親しんだ日本ツアーとお別れ

国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」の3日目に、石川遼、谷口徹とラウンドしたクレイグパリー(オーストラリア)が、ラウンド後に優しい笑顔で「明日で最後だよ」と、日本
2016/12/21ヨーロピアンツアー公式

体格差をなくしたらどうなる? 飛ばし屋ランキング

距離を伸ばしたとしても、なんら不思議ではない。 ■4位:ジョン・パリー 2016年の平均飛距離: 282.2ヤード 体重: 64kg パウンド・フォー・パウンド:4.41ヤード/キログラム パウンド
2017/02/14ヨーロピアンツアー公式

「ISPS HANDAワールドスーパー6パース」の大会アラカルト

」)、アーロン・バデリー(2001年「グレッグ・ノーマン・ホルデンインターナショナル」及び2008年「オーストラリアマスターズ」)、クレイグパリー(2005年「ハイネケンクラシック」)、そしてロッド・パンプリング(2008…
1997/10/05日本オープンゴルフ選手権

C.パリー逆転優勝。奥田は1打差に泣いた

。ショットの感じをつかめないまま終わってしまった」という。終わってみればボギー5つ。バーディは1つだけ。 18番のバーディはラッキーだったというクレイグパリー。 「ずっーとプレッシャーがあった。ホッと
2014/10/21ヨーロピアンツアー公式

メジャー王者の3人がパースに集結

オーストラリア・マスターズ)、クレイグパリー(2005年のハイネケン・クラシック)、そしてロッド・パンプリング(2009年のオーストラリア・マスターズ)に次いで、ヨーロピアンツアーで母国優勝を果たし
2001/10/13インベンシスクラシック at ラスベガス

ダブルイーグルを決めたC.パリーが首位に立った

、4番パー5でようやくバーディを1つ奪った。この日1オーバーで通算18アンダー、2位に後退してしまった。 レーマンに代わって首位に立ったのは、13アンダーの5位からスタートしたC.パリー。TPCサマリン
2004/03/08フォード選手権

フォード選手権/C.パリーに優勝インタビュー

-「素晴らしいウイニングショットとなりましたが、実は初日のスタート時間に遅刻しそうだったんですよね?」 クレイグパリー 「そうなんです。オーストラリアとの時差のため、前の日は夜の9時には寝たんです
2016/03/29ヨーロピアンツアー公式

ジェイソン・デイの勝利 その記録は?

ジェイソン・デイが2勝ずつ、そしてクレイグパリーが1勝を挙げている。 ・今年最初のWGCである「キャデラック選手権」はアダム・スコットが制しているため、今回のデイの勝利により、初めて豪州勢によるWGC連勝
2004/03/09フォード選手権

クレイグ・パリーのミラクルチップインイーグル!

プレーオフ1ホール目、ドラールの18番“ブルーモンスター”を完璧に退治してしまうようなスーパーショットを決めたクレイグパリー。フェアウェイセンターから残り176ヤードを6番アイアンでなんとチップ
2002/12/24マスターズ

2003マスターズからの招待状

、ローレン・ロバーツ、 スコット・マッキャロン、スティーブ・ラウリー、フィル・タタランギ、 ジョン・クック、ケビン・サザーランド、クレイグパリー、 ジョナサン・バード、パット・ペレス ■2003年度
2014/07/30ヨーロピアンツアー公式

15年の歴史、ウッズが8勝 WGCブリヂストンインビテーショナル

てビジェイ・シンが優勝した。さらにさかのぼると、ウッズの独壇場が続く中、2002年の大会に優勝したクレイグパリー(友人の間ではポパイと呼ばれる)を見いだせる。02年の大会はシアトル近郊のサハリーCCで開催されたが、これは大…