ニュース

米国男子WMフェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2023年 WMフェニックスオープン
期間:02/09〜02/12 場所:TPCスコッツデール スタジアムコース(アリゾナ州)

「あれは凶器だ」フェニックス名物16番パー3から“缶ビール”が消えた

2023/02/08 16:21

◇米国男子◇WMフェニックスオープン 事前(7日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

TPCスコッツデールの16番(パー3)は熱狂の舞台として名高い。外周を取り囲む巨大スタンドは2万人以上を収容。期間中、のべ数十万人を飲み込むトーナメントの名物ホールでは今年、缶での飲料提供が行われないという。

<< 下に続く >>

きっかけは昨年大会の名場面にあった。3日目サム・ライダー最終日カルロス・オルティス(メキシコ)がホールインワンを達成すると、大ギャラリーが喜びと興奮のあまり観客席から空き缶やペットボトルを次々と投げ込む事態に。場内は騒然となった。

大会側は場内の選手やファンがケガをする危険性を懸念。チェアマンのパット・ウィリアムス氏はゴルフウィークの取材に「あれは凶器だ」と話し、「すべてのアルコール、ビールやソーダについてはすべてカップで提供します。水やコーラといったものはこれまで通りプラスチックのカップ(ペットボトル)で」と説明した。

ただし、移し替えるカップは「16」のロゴが入った大会のオリジナルで、「マスターズ」で提供されるものと同じ製造会社で同サイズという。「選手とファンを守るためにプラスチックにしました。これならば、(カップを)投げても前の列の人にぶつけて、怒らせてしまうだけでしょう。なにせ、リサイクルできることが素晴らしい」とウィリアムス氏。

冠スポンサーのウェイストマネジメント社はゴミ収集・廃棄物処理を手掛けている。

関連リンク

2023年 WMフェニックスオープン



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!