ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 場所:オークモントCC(ペンシルベニア州)

谷口徹、横尾要、増田伸洋の3名が「全米オープン」出場権を獲得!

6月14日(木)から4日間に渡り開催される、米国ツアーのメジャー第2戦「全米オープン」(ペンシルベニア州、オークモントCC)の最終予選会が28日(月)、茨城県にある大利根カントリークラブ・東コースで行われた。

出場選手18名(プロ16名、アマ2名)が、上位3名に与えられる本戦への出場権をかけて36ホールをプレー。その中には、昨年度の最終予選会(ハワイ会場)を突破して同大会の最年少出場記録(15歳6ヶ月)を樹立した注目のアマチュア、タッド・フジカワも含まれており、高い注目を集める中での開催となった。

<< 下に続く >>

18ホールを終え、3アンダーで1歩抜け出したのが星野英正。1打差の2位タイで、アイリール・リズマン(マレーシア)と増田伸洋が追う展開となった。昨年度の予選通過者である谷口徹高山忠洋は、通算1アンダーの4位タイ。その一方で、フジカワは6オーバーの17位と大きく出遅れ、残り18ホールに挑んだ。

後半は波乱の展開となった。星野は13番、14番で連続ダブルボギーを叩くなど途中から崩れだすと、16番でもボギーを叩き、ここで棄権を表明。昨年度の予選会を通過した1人、高山忠洋は、27ホールを消化した時点で4アンダーと首位を走るも、14番でトリプルボギーを叩き失速。最終的に、通算2アンダーの首位タイでホールアウトした谷口と横尾要、通算1アンダーの単独3位に入った増田の3名が、「全米オープン」への切符を手にした。同大会には、谷口が4度目、横尾が3度目、増田は初の出場となる。

前週の「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」で優勝した平塚哲二は途中棄権。注目のフジカワは終始振るわず、通算9オーバーの14位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!