ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

2年ぶり4月開催の「マスターズ」 オーガスタは過去最高の仕上がりへ

◇メジャー第3戦◇マスターズ 事前情報◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7475yd(パー72)

2年ぶりに通常の4月開催に戻った「マスターズ」。舞台となるオーガスタナショナルGCの仕上がりは順調のようだ。

<< 下に続く >>

2013年大会覇者のアダム・スコット(オーストラリア)は「これまでは普通、天気が良ければ月曜日、火曜日、水曜日と偽りの安心感に騙されて、木曜日になって突然足をすくわれるように(グリーンが硬く速くなって)、すべてのチップショットが恐怖になり、下りのパットはグリーンエッジまで達する」というのだが、今年は月曜日の段階から、グリーンの芝が薄く茶色くなっている部分もあり、すでに本番並みの固さと速さに仕上がっているという。「これから起こることへのサインだね。準備をしないといけないね」と警戒した。

スコットの記憶によると、ザック・ジョンソンが優勝した07年大会に近いという。「覚えているのはその年、グレッグ・ノーマンと練習ラウンドをしていて、16番グリーンで(彼が)傾斜に水を垂らしたら、その水は地面に吸い込まれることなくグリーン外まで流れていった。今日、僕は同じことはしなかったけど(笑)。その時と似ているね」

2度の「マスターズ」優勝を誇るホセ・マリア・オラサバル(スペイン)は、雨が多く、大会新記録の通算20アンダーでダスティン・ジョンソンが優勝した昨年11月と比較して「これがいつものマスターズ」と、“ガラスのグリーン”と称されるオーガスタ本来の姿を喜んだ。「もし天気がこのままなら、過去最高のオーガスタが見られるだろうね」

この日、バックナインをラウンドしたフレッド・カプルスは「フェアウェイは完璧。ティも完璧。グリーンは最後の2,3ホールは10番、11番より少し速かったけど、完璧だと思う」と評価。「もしこのまま雨が降らなければ、ここ何年もなかったほどにコースは難しくなるだろう。それこそ、我々が必要とするものだと思う」と、単純に飛距離だけで勝負が決まらず、多彩な技術や繊細さ、忍耐力が求められる展開に期待を寄せた。

前週行われた「オーガスタ女子アマ」をテレビ観戦したというカプルスは「最後の数ホールはマスターズの優勝争いを見ているようだったし、プレーオフを戦った2人は本当に素晴らしいプレーをしていた。自分が9ホールを回ってみて思うのは、70とかそれに近い数字は本当にとてつもないスコアだということ」と、アマチュア女子選手たちのレベルの高さにも改めて言及した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権コース攻略
全米プロゴルフ選手権が20日に開幕。マスターズチャンピオンの松山英樹が4大大会2勝目に挑む。日本からは星野陸也も参戦

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!