ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

17歳・梶谷翼が涙の「オーガスタ女子アマ」優勝 プレーオフ制し日本勢初の快挙

2021/04/04 05:31


◇女子アマチュア◇オーガスタナショナル女子アマチュア 最終日(3日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇6365yd(パー72)

男子メジャー「マスターズ」が開催されるオーガスタナショナルGCでの最終ラウンドが行われ、岡山県出身の17歳・梶谷翼(兵庫・滝川第二高)がエミリア・ミリアッチョ(米国)とのプレーオフを制して優勝した。日本人の大会制覇は初めて。

<< 下に続く >>

優勝により、今年の「全米女子オープン」や「AIG女子オープン」(全英女子)へのアマチュアとしての出場資格を獲得した。

「すごく緊張していたけど、最後まで何があっても楽しむと決めて、それが良い結果となってメッチャうれしいです。(タイトルの意味を言葉では)表せないです」と歓喜の涙を流しながら中継局のインタビューに答えた。

2打差5位から出た梶谷は3バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「72」で回り、通算1オーバー。単独首位で迎えた後半17番でダブルボギーをたたいたが、最終18番ではグリーン手前から、あと少しでチップインバーディというショットを披露。「70」をマークしてプレーを終えていたミリアッチョとのプレーオフに持ち込んだ。

18番を使用するプレーオフ1ホール目、フェアウェイからの第2打をバンカーのさらに右へミスしたミリアッチョに対し、梶谷は2オンに成功。ミリアッチョがアプローチをバンカーに落とすと、下りのファーストパットをしっかり寄せて2パットで勝ち切った。

日本勢では10位から出た上野菜々子がバーディなしの6ボギー「78」とし、通算9オーバー19位で大会を終えた。

2019年の第1回大会では、笹生優花安田祐香が3位に入った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権コース攻略
全米プロゴルフ選手権が20日に開幕。マスターズチャンピオンの松山英樹が4大大会2勝目に挑む。日本からは星野陸也も参戦

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!