ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ザ・プレーヤーズ選手権
期間:03/11〜03/14 場所:TPCソーグラス(フロリダ州)

マキロイの言葉に胸熱 デシャンボーはウッズ以来の“連勝”へ

◇米国男子◇プレーヤーズ選手権 3日目(13日)◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7189yd(パー72)

ブライソン・デシャンボーは3mのパーパットを沈めて、拳を3回振り下ろした。「ポジティブな気持ちが湧いてきた。締めくくり方が気持ちいい。あしたはすごく大きなチャンスになる」という最終18番のフィニッシュ。外せば最終日最終組からはじき出され、リー・ウェストウッド(イングランド)との“再戦”は実現しなかった。

<< 下に続く >>

通算11アンダーの2位。「アーノルド・パーマー招待」に続く2連勝を目指して、まず倒すべきは2ストローク前にいる47歳。ロングドライブが存分に生かせる前週のコースとは違い、TPCソーグラスは狙いどころがより絞られ、より精度が問われる。デシャンボーは今週パーオン率85.19%(全体1位)、2日間ノーボギーのウェストウッドのことを「ミスター・コンテンシー(一貫性、安定性)」と表現した。

「ドライバーもアイアンショットも素晴らしく、必要なパットを決める。僕は幸運にも先週は勝てたけれど、あしたはすごいバトルになる」。また、ベテランの「秘密兵器」をガールフレンドだと分析。「ヘレン(・ストリーさん。フィットネスインストラクターでキャディも務めている)の存在は大きい。彼の平常心を保って、やるべきことに集中させている」

フロリダ州内で行われるアーノルド・パーマーのホスト大会と、この“第5のメジャー”を連勝すれば2001年のタイガー・ウッズ以来となる。努力でつかんだパワーを武器にツアーを席巻する今、視線を一身に浴びている。

予選落ちした元世界ランク1位のロリー・マキロイ(北アイルランド)は2日目のプレー後、不振の原因にスイングのスピードアップへの取り組みを挙げ、「関係ないと言えばウソになる」とデシャンボーに刺激されていることを認めた

その言葉を聞いた“ゴルフ科学者”は思わず胸を熱くした。

「僕は誰かに影響を及ぼそうとしているわけじゃない。自分のゴルフのためにできるだけ遠くに飛ばそうと思っただけなんだ。真っすぐ、遠くに打つためだけに、たくさんの中から“変数”を見つけようとした。それを試す人もいれば、そうしない人もいるし、誰かの助けになることもあるかもしれない。実際のところは分からない。でも、ロリーのコメントには本当に感謝している。なんだか涙が出そうな気持ち。毎日、頑張る理由にもなる」と喜びをかみしめた。(フロリダ州ポンテベドラビーチ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!