ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/28〜01/31 場所:トーリーパインズGC(サウス)(カリフォルニア州)

2021年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/28〜01/31 場所:トーリーパインズGC(サウス)(カリフォルニア州)

競技委員が認めても…パトリック・リードに集まる厳しい目

◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 3日目(30日)◇トーリーパインズGCサウスコース(カリフォルニア州)◇7765yd(パー72)

通算10アンダーでカルロス・オルティス(メキシコ)と並ぶ首位に立ったパトリック・リードだが、ラウンド後の質問は後半10番の出来事に集中した。

<< 下に続く >>

2位に4打差をつける単独トップで折り返して迎えたこのホール、左サイドのフェアウェイバンカーからカート道のさらに左へ引っかけた2打目は深いラフに止まった。近くにいたボランティアにボールが跳ねなかったことを確認すると、埋まっている可能性があると判断。マークしてボールを拾い上げてから競技委員を呼び、無罰での救済が認められた。

バンカー越え、しかもピンに向かって下る難しいアプローチは4.5mほどの距離を残したものの、これを沈めてパーセーブ。「39」と苦しみ抜いたバックナインでは大きなプレーとなった。

しかし、中継局CBSのアナリストが本当にボールが埋まっていたのか懐疑的な見解を示すと、視聴者やSNSで動画を見たファンからも、ボールを拾い上げた後に競技委員を呼んだ手順を含めて異論が出た。

リードはラウンド後に「誰もボールが跳ねたのを見なかった。拾い上げてから指を入れて確認した。両サイドにリップがあって、くぼんでいた。ルールオフィシャルからも(対応は)完璧だったと言われたから、ただプレーを続けたよ」と改めて説明した。

シニアトーナメントディレクターのジョン・ムッチ氏も「彼はボランティアにボールが跳ねたかを尋ね、ボランティアが『跳ねなかった』と言った。ボールが埋まっていると結論付けるのは妥当であり、それを確認する権利があった。何も悪いことはしていない」と重ねて言った。

それでも厳しい声が残る。本人が否定し続ける大学時代の練習でのスコア改ざんや窃盗容疑といったネガティブなイメージを払拭(ふっしょく)しきれていないことも大きい。直近では2019年のツアー外競技「ヒーローワールドチャレンジ」3日目。砂地(ウェイストエリア)からのショットを打つ前、素振りでクラブヘッドがボール後方の砂に接地し、ゴルフ規則8.1a(ライ改善の制限)に違反したとして2罰打を科された。

「このような状況になったとき、ほかの選手よりも厳しい目で見られていると感じるか?」。“直球”の質問にリードは「確かにそうだね。きょう起きたことは不運だったと思うけど、同時に僕がいつもやっていることであり、みんながやるべきことなんだ。ボールが跳ねたかどうか、ハザードラインを越えたかどうか、同伴競技者に確認を求める。プレー中にすべてを見渡すことはできない。ほかの選手、ボランティア、ルールオフィシャルを頼って正しいと認められれば、次に進むことができる」と正論で返した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!