ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

今平周吾は44位 “週末の宿題”は次回メジャーで

2020/11/16 08:07


◇海外メジャー◇マスターズ 最終日(15日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

今平周吾は2年連続2回目の出場で初めて4日間を戦い抜いた「マスターズ」を、通算イーブンパー44位で終えた。

<< 下に続く >>

3日目はアダム・スコット(オーストラリア)、この日はバッバ・ワトソンと連日歴代覇者と同組でプレー。インスタートから前半13番(パー5)では、1Wショットをクリークが隔てる左サイドに曲げてボギー。後半2番(パー5)でも、クリークが走る左の林に打ち込んでボギーとした。

3バーディ、5ボギーの「74」に「オーバーパーで残念。ロングホールで2つ池に入れちゃったのが悔しい」と振り返りつつ、「楽しくラウンドできた」と笑顔も見せた。

最終日のロングホールで乱れる場面こそあったが、4日間トータルのフェアウェイキープ率は80.36%でフィールド10位タイ。「ティショット、アイアンショットはこっちでもだいぶ良くなってきた。去年は全然歯が立たなかった。今年はアンダーパーが出る気配もしていた。成長したかなと思う」と話したように、第2ラウンドでは「70」をマークした。

9月の「全米オープン」で自身8度目のメジャーにして初めて予選を通過し、2カ月後の今週も突破。「そんなに飛距離にもこだわらなくなった。それ(飛距離の差を埋めようと無理をする)よりもショットの正確性、精度で戦おうという意識になってきた」という変化を経て、大舞台で確かな前進を見せた。

「全米」では決勝ラウンドで「78」「82」と崩れ、今大会も週末に伸ばせず。初の60台にも届かなかった。「ショートゲームがうまくいかなかった」と課題を分析。コロナ禍で国内の試合がほとんど行われなかった影響もあり、マスターズの結果を受けての世界ランキングは76位と2021年大会の出場権獲得ラインからは漏れている状況。まずは再びチケットをつかむための戦いとなる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!