ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

今平周吾1オーバー 予選通過へ23ホールの長丁場に

2020/11/13 11:50


◇海外メジャー◇マスターズ 初日(12日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

2年連続2回目の出場となる今平周吾は1オーバーで日没サスペンデッドとなり、5ホールを2日目に持ち越した。

<< 下に続く >>

10番スタートから、まず難しい3ホールでパーを並べた。10番、11番とセカンドショットでしっかりグリーンを捉えて2パット。12番(パー3)は、奥のエッジからパターで転がしたバーディトライがわずかに届かなかった。

最初のピンチは“アーメンコーナー”の出口となる13番(パー5)。つま先上がりのフェアウェイから打ったセカンドショットがグリーン右のクリークに直接入って水しぶきを上げたものの、4打目のアプローチを60㎝につけて切り抜けた。

15番(パー5)ではピン左15mに2オンして2パットでバーディが先行。16番(パー3)もピン右1.8mにつけたが、バーディパットはカップ左フチに蹴られた。チャンスを逃した後の17番でセカンドショットをミス。尾根越えの長いファーストパットが5m近くオーバーし、ボギーをたたいた。

後半は350ydと短いパー4の3番で1Wショットが右の松林へ。砲台グリーンの手前からとなった3打目のアプローチを乗せられず、2つ目のボギーをたたいた。

9月の「全米オープン」で、自身メジャー8試合目にして初の予選通過を果たした。「アメリカでのいいイメージがつかめてきた」と、ひそかに手応えも得て臨む静寂の大舞台。23ホールの長丁場となる2日目は巻き返しが求められる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!