ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 マスターズ
期間:11/12〜11/15 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

48インチ封印も荒れた序盤 デシャンボーはカムバック「忍耐できた」

◇海外メジャー◇マスターズ 初日(12日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

圧倒的な飛距離で注目を集めるブライソン・デシャンボーは、大会初日を2アンダー「70」とした。シャフト長48インチの1Wは「まだ100%の準備ができていない」と封印し、45インチを握ったが、序盤から幾度もピンチに見舞われた。

<< 下に続く >>

スタートホールの10番で1.5mのバーディパットを外したデシャンボーは、続く11番で1Wショットを大きく左の林に曲げた。OBの危険もあったが、林の中から脱出して、寄せワンのナイスパー。だが、13番でも「ドローを掛けきれなかった」とフェアウェイ右の林に打ち込み、今度は松葉の上から「欲張った」とグリーンを狙って左のブッシュに打ち込んだ。

かろうじて球を見つけたが、アンプレヤブルを宣言して5オン2パットのダブルボギー。暫定球はクリークにつかまっており、「キャディが(球を)見つけてくれた。それだけでも、すでに今週の仕事をしたと思う」と傷口を最小限にとどめた。

以降は5バーディ(1ボギー)と巻き返した。「忍耐強くプレーできたことに満足している。きょうは何度かリスクを取ってうまくいかなかったけど、最後まで自分をコントロールできたことを誇りに思う。(上がりの)8番と9番でバーディを獲れたことは、自分の集中力と、ここで戦いたいという意欲の証拠だ」と胸を張った。

「普段、気持ち良く振れていたら(スイングは)どんどん速くなっていく。きょうは少し(身体が)硬かった」という初日。本来のポテンシャルはまだ発揮できていないが、2日目以降への望みはつないだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!